SSSの世界観 FX、株、不動産、消費の仕方

大変運が良いため人生楽しく過ごしています。変動と金利と消費効率の最大化が飯のタネ。主にトルコリラを両建てして波乗り中。システムトレード。あと子育て育休。ついでに注文住宅。加えて不動産投資と株。最後にハワイ。加えて仮想通貨とブロックチェーン。

テーパリングの示唆。なんだかんだで上がらないダウ平均。これはそろそろ本格的に落ちるか。少なくともボラティリティ増大が来そうです。

目次:

 

各国の中央銀行がテーパリングの示唆です。

NZの中央銀行は金利を上げない可能性を取ったとのこと。

FRBもテーパリング=お金をばらまくことを減らす との示唆

 

さてその時クロス円は。これが難しいです。

 

ダウ平均は上がっていません。本格的に株価指数が落ちてくるかもしれません。

各国の動きを見ていると、金利は引きあがり、借金がしずらい状態が来る可能性があります。となると、そろそろ本格的に、株式は落ちていく可能性はありますね。

 

ただ、すぐにではないかもしれません。ひまわり証券でループ株などで、上も下も両建てでもいいですし、売りだけ持つのもありですね。

www.world-sss.jp

 

今回の量的緩和は大きすぎましたので、ふつうの金利引き上げほどでは、大したダメージはない気もしています。ただ、株価指数は上がりにくくなるのは間違いないです。

 

ただし、ここから米ドルがテーパリング=お金が引き上げられる で上がってくると、すると、他のドルストレートが大きく落ちていく可能性はあります。

 

対ドルで一気に落ちていくとお金が足りなくなり、信用不安が増していきます。

このタイミングでどうなっていくか。少なくともボラティリティ増大が来そうです。

 

ボラティリティ増大が来るなら、さらに自動売買に任せるのも手です。

アイネット証券のループイフダンのただの買いのシステムを動かすだけでも面白いと思います。

 

例えば、ループイフダンB100 (NZD/JPY)を30万円入金して、1000通貨づつ、20ポジションを1システム動かすとか。

 

これを一つ動かすだけでも、上下に動き続ける日々なような気がします。

NZドルの中央銀行は金利を上げるかもしれないため、また安定した値動きが出ます。

 

ここからの自動売買は相当動きそうですね。まだ上かもしれませんが、そろそろ落ちるとなれば大きな下落幅が達成されます。となると、すくみや両建てで、売りを持って置くのもいいと思います。

 

マネースクエアのトラリピのハーフ&ハーフでの両建ては強い状態になってきそうです。楽しみに値動きを見ていきたいと思います。

www.world-sss.jp

 

FXで年利25%。日経指数証拠金取引で年利50%。ひまわり証券はこちら。

ひまわり証券【ひまわりFX】 

 

5すくみができるループイフダン:SSS特別レポートもらえます。

アイネットFX

 

すでに本ブログより口座開設された方もプレゼントされます。

下記にて、ご確認ください。

-----------------------------------------------------------------------------------
フリーダイヤル :0120-916-707
メール     :fx-support@inet-sec.co.jp

※メールでご連絡いただく際には、以下の内容をご連絡ください。

件名
SSS特別レポートプレゼント希望

本文
・お名前(フルネーム)

・お客様番号又はログインID
-----------------------------------------------------------------------------------

注記:私のブログ以外からアイネット証券さんに口座を開設をいただいた既存ユーザーから、私のレポートを読みたいといった声がアイネット証券さんに多数入っていると伺いました。

大変嬉しいお話ではありますが、先日お伝えしました通り、今回の特別レポートは、
アイネット証券さんに”私のブログ経由”で口座開設をいただいたお客様へのプレゼント
として執筆致しました。

今回の特別レポートを差し上げる事は出来ませんが、今後もブログやSNSを通じて、
すくみ手法について私の考えを発信していきますので、何卒ご理解ください

 

FX自動売買システムと言えば、マネースクエア。4つの特別レポートで完璧な理解になってください。

マネースクエア