SSSの世界観 FX、株、不動産、消費の仕方

大変運が良いため人生楽しく過ごしています。変動と金利と消費効率の最大化が飯のタネ。主にトルコリラを両建てして波乗り中。システムトレード。あと子育て育休。ついでに注文住宅。加えて不動産投資と株。最後にハワイ。加えて仮想通貨とブロックチェーン。

【7すくみ2か月目】AUD/CHF、USD/CHF、GBP/USD、EUR/GBPのペアたちを追加した7すくみ。含み損が減り確定利益が勝っています。こちらも安定しています。

目次:

 

ループイフダン7すくみを仕掛けています。

今年もアイネット証券のループイフダンで新しい通貨ペアができ、6、7すくみが可能になりましたね。

f:id:SSS_world:20191110105344p:plain

 

 

仕掛けた際に書いた記事はこちら。

www.world-sss.jp

2か月目に入っていますが、安定した値動きです。利益が含み損を超えています。

7すくみにして、新しく入った通貨ペアの決済が最初レンジで推移したので、利益が出ています。

 

11月11日から7すくみに変化させたグラフを載せています。もともとのEUR/USD、AUD/USDは抜き、4パターンを追加しました。 

 

その結果はこちらになりました。 

f:id:SSS_world:20191231083914p:plain

7すくみの5すくみの結果とつなげているので、少しわかりにくいですが、値動きに従い利益が出ますが、今のところ、含み損にも大きく勝ちが続ており、良い状態が続いています。このまま推移を見守ります。

 

7すくみを作るために追加した通貨ペアの、確定利益合計が24639円で含み損が-22400円ですので、2239円勝っています。悪くない推移ですね。

 

7すくみがどのように動きを出すかは、やってみないとわかりませんので、続けてやってみますが、すでにある程度は予測がついており、アイネット証券のループイフダン特別レポートに本質を載せてあります。

アイネット証券のループイフダンをすくみで仕掛けるためのレポートを書いています。

f:id:SSS_world:20190316065838j:plain

レポート内には、

 

・ループイフダンの仕掛け方実例

・各種すくみ(2, 3, 4, 5すくみ) の実例

・少額での投資手法例

・3すくみ〇〇でゴリゴリ利益を稼ぐ方法

・勝ち逃げタイミングのつかみ方

・すくみの真の理解、発生メカニズム解説:

  ~〇〇を使った最強ループイフダンすくみ~

 

などに関して書いてあります。

 

特に多段階すくみには、すくみの真の理解、本質の情報が載っていますので、この情報を取れれば、十分6、7すくみも対応可能となると思います。

 

多段階すくみは間違いなく、緩衝作用はあります。

 

ただ、中の通貨ペアによりその利益の出かたが異なり、ボラティリティの高い通貨ペアは、利益ばく大含み損ばく大傾向です。今はボラティリティが低いのでいいと思いますが、注意をしながらうまく付き合っていきたいと思います。

 

最適なボラの時はそりゃ利益ががっぽがっぽ出るとは思います。

 

とりあえず1か月目は良い感じです。

 

やんちゃ坊主のポンドとフランを追加した、アイネット証券ループイフダンの「7すくみ」を今後も追っていきます。

 

アイネット証券ループイフダンはこちら。

今なら「すくみ」手法 SSS特別レポート がもらえます!

アイネットFX

本ブログよりすでに口座をお持ちの方も条件を満たせばプレゼントされます。

下記にて、ご確認ください。

-----------------------------------------------------------------------------------
フリーダイヤル :0120-916-707
メール     :fx-support@inet-sec.co.jp

※メールでご連絡いただく際には、以下の内容をご連絡ください。

件名
SSS特別レポートプレゼント希望

本文
・お名前(フルネーム)

・お客様番号又はログインID
-----------------------------------------------------------------------------------

 

注記:私のブログ以外からアイネット証券さんに口座を開設をいただいた既存ユーザーから、私のレポートを読みたいといった声がアイネット証券さんに多数入っていると伺いました。

大変嬉しいお話ではありますが、先日お伝えしました通り、今回の特別レポートは、
アイネット証券さんに”私のブログ経由”で口座開設をいただいたお客様へのプレゼント
として執筆致しました。

今回の特別レポートを差し上げる事は出来ませんが、今後もブログやSNSを通じて、
すくみ手法について私の考えを発信していきますので、何卒ご理解ください。