SSSの世界観 FX、株、不動産、消費の仕方

大変運が良いため人生楽しく過ごしています。変動と金利と消費効率の最大化が飯のタネ。主にトルコリラを両建てして波乗り中。システムトレード。あと子育て育休。ついでに注文住宅。加えて不動産投資と株。最後にハワイ。加えて仮想通貨とブロックチェーン。

【トラリピ3すくみ検証】トラリピハーフ&ハーフ完全検証:13週目(7/6)。年利換算13.3%です。通算プラスで次の仕込みを開始。

目次:

 

今週の結論

・2500pipsまで耐えられて、年利換算13.3% (必要資金270万円)

・含み損が増え、通算プラスを維持し、次の仕込みを開始。

f:id:SSS_world:20190706061352p:plain



マネースクエア のトラリピを使って、3すくみを3セット張ってみます。

すくみ手法を極めるため、マネースクエアのトラリピを使って、ハーフ&ハーフ+すくみを取り入れてみることにしました。

 

始めたころは、値動きが少し小さいですので、あまりに大きな範囲で仕掛けていると、利益確定が起きずらく、面白くないのが玉に瑕でした。

www.world-sss.jp

 

では面白くしてやろうということで、もう少し、リピート回数を増やしながら、確定利益もある程度の幅は取っていくという形を作ってみました。

 

考え方はこんな感じです。

マネースクエアのトラリピでできる、完全3すくみをハーフ&ハーフで仕掛け証拠金を抑えた。

・3すくみ1つに100万円程度の証拠金を入れる形を考えた。わかりやすい。

・通貨ペアを減らし、その分より細かく仕掛け、合計量はこれまでと同じくらい。

・現在リーマンショッククラスのショックは起きにくいと考えている。中央銀行がどこもハト派であり、グダグダしたレンジが続くと思っている。そのためある一定のレンジの中で動かすように資金効率を上げた。

 

このような感じで設計しました。

 

3すくみは①米ドル⇔円⇔ユーロ、②米ドル⇔豪ドル⇔円、③米ドル⇔NZドル⇔円の3タイプを仕掛けました。

マネースクエアのトラリピでは、仕込みの幅と、決済幅をそれぞれ仕掛けることができます。これを活かしました。

 

仕掛け方は50銭毎に新規ポジをはり、500~1000円弱で決済を行います。

動きが小さくても決済が動きます新規ポジ取得幅のの1.5-2倍弱の利益確定幅を取っています。

 

1円幅で買わず、0.5円幅で買いますので、これまでのリスクが2倍。

 

一方、決済幅は1.5-2倍程度の利益幅を持たせていますので、1つのポジションから入ってくる利益が伸びます。トレールも付けますので、より伸びます。

 

このあたりの張り方が、私の工夫が入っております

 

また証拠金の考え方ですが、

すくみなので基本は3分の1が負けます。大体今回のペアですと、50銭毎ポジションを40本持つとして、20円=2000pips 下がるのに60万円程度の証拠金が必要ですので、

 

60万円×3通貨ペア=180万円が、ふつうはまず必要な資金となります。

 

しかし「すくみ」手法=じゃんけんのようなシステムを仕掛けているので、ぐー、ちょき、ぱーで、常に勝ち、負け、あいこが存在します。そのため、180万円のうち、本当に必要な金額は180万円÷3で負けの分が出てきて、60万円となります。

 

この状態で両方向回すと、60万円×2で120万円が両方向回した際の証拠金となりますが、すぐに2000pipsも動くわけがなく、100万円程度入れておけば、間違いなくほかの通貨ペアの稼ぎで耐えられると思いますので、100万円1すくみ両方向でのシステムとしました。

 

これで3つ、3すくみを仕掛けて100万円×3で300万円となります。

 

さらにマネースクエアのトラリピ用には、もともと350万円入金しており、50万円が待機用の資金となっています。

 

あんぜーん。

 

具体的な仕掛け方はこんな形になります。

①米ドル⇔円⇔ユーロの3すくみ

f:id:SSS_world:20190331211737p:plain

 

【仕掛け詳細】

前提:らくらくトラリピを使い、すべて注文金額は0.1万通貨で実施。

・通貨ペア:USD/JPY、レンジ:新規買い、85-105円、トラップ本数:40本、利益金額700円、決済トレール 有

・通貨ペア:USD/JPY、レンジ:新規売り、105-125円、トラップ本数:40本、利益金額700円、決済トレール 有

・通貨ペア:EUR/USD、レンジ:新規買い、0.95-1.15、トラップ本数:40本、利益金額8ドル、決済トレール 有

・通貨ペア:EUR/USD、レンジ:新規売り、1.15-1.35、トラップ本数:40本、利益金額8ドル、決済トレール 有

・通貨ペア:EUR/JPY、レンジ:新規買い、100-120円、トラップ本数:40本、利益金額800円、決済トレール 有

・通貨ペア:USD/JPY、レンジ:新規売り、120-140円、トラップ本数:40本、利益金額1000円、決済トレール 有

 

狙い:ユーロ円は値が大きくなるので、売りで上に上がった際は、1000円幅に少し決済を伸ばしています。またトラップ本数40本ですと、若干整数値で割り切れず、変なところでポジションを持ちますが、(41本にするときれいな0.5円幅になるが)、あえてこうしています。きれいにすると、その場で止まることが多く、約定回数が減じる傾向がトラリピはありますので。また各通貨ペアのチャートから妥当な値幅を設定しています。

 

②米ドル⇔円⇔豪ドルの3すくみ

f:id:SSS_world:20190331211906p:plain

【仕掛け詳細】

前提:らくらくトラリピを使い、すべて注文金額は0.1万通貨で実施。

・通貨ペア:USD/JPY、レンジ:新規買い、85-105円、トラップ本数:40本、利益金額700円、決済トレール 有

・通貨ペア:USD/JPY、レンジ:新規売り、105-125円、トラップ本数:40本、利益金額700円、決済トレール 有

・通貨ペア:AUD/JPY、レンジ:新規買い、60-80円、トラップ本数:40本、利益金額600円、決済トレール 有

・通貨ペア:AUD/JPY、レンジ:新規売り、80-100円、トラップ本数:40本、利益金額600円、決済トレール 有

・通貨ペア:AUD/USD、レンジ:新規買い、0.60-0.80、トラップ本数:40本、利益金額5ドル、決済トレール 有

・通貨ペア:AUD/USD、レンジ:新規売り、0.80-1.00、トラップ本数:40本、利益金額5ドル、決済トレール 有

狙い:ユーロペアとは異なり、豪ドルは値幅が小さいですが、よく動くボラティリティの高い通貨です。あえて、600円や5ドルという形で利益確定幅を小さくすることで、ボラティリティを最大限に活かしつつ、利益の総量をトレールも含め上げていく戦法を取っています。 

 

③米ドル⇔円⇔NZドルの3すくみ

f:id:SSS_world:20190331212015p:plain

【仕掛け詳細】

前提:らくらくトラリピを使い、すべて注文金額は0.1万通貨で実施。

・通貨ペア:USD/JPY、レンジ:新規買い、85-105円、トラップ本数:40本、利益金額700円、決済トレール 有

・通貨ペア:USD/JPY、レンジ:新規売り、105-125円、トラップ本数:40本、利益金額700円、決済トレール 有

・通貨ペア:NZD/JPY、レンジ:新規買い、50-70円、トラップ本数:40本、利益金額600円、決済トレール 有

・通貨ペア:NZD/JPY、レンジ:新規売り、70-90円、トラップ本数:40本、利益金額600円、決済トレール 有

・通貨ペア:NZD/USD、レンジ:新規買い、0.50-0.70、トラップ本数:40本、利益金額5ドル、決済トレール 有

・通貨ペア:NZD/USD、レンジ:新規売り、0.70-0.90、トラップ本数:40本、利益金額5ドル、決済トレール 有

狙い:こちらもほとんど豪ドルと同じ狙いとなります。NZドル/USドルのペアも極めてよく動きますので、安定した値動き、利益総量、利益回数が楽しめると思います。 

 

この3タイプを仕掛けました。

 

今週の結果は、戻りの週で利益を上げながら含み損が減じ通算プラスへ。

今週は3すくみ×3つ分合計で、2500pipsまで耐えられて、年利換算13.3%です。18システム仕込んでいますので、18×15万円=270万円ですね。350万円あれば余裕です。

f:id:SSS_world:20190706061352p:plain


 

スワップを含んだ累計の利益は以下になりました。

f:id:SSS_world:20190706061804p:plain



今週は仕込み週で、実質損益は悪くなり、仕込みに入っています。プラスは維持しています

 

マネースクエアのトラリピハーフ&ハーフはボラティリティを利益に変えます。さてどんな動きができるか楽しみです。このあとはしっかりと戻ってこれば、確定利益が出て、含み損が減ります。含み損は明日の利益を地で行きますね。

 

全ての多角形の基本の3すくみ=三角形です。

どんな通貨ペアが良い結果を出すのかも含め、毎週楽しみに追っていきます。

 

FX自動売買システムと言えば、マネースクエア。基本の3すくみをしっかり張ります。

マネースクエア