SSSの世界観 FX、株、不動産、消費の仕方

大変運が良いため人生楽しく過ごしています。変動と金利と消費効率の最大化が飯のタネ。主にトルコリラを両建てして波乗り中。システムトレード。あと子育て育休。ついでに注文住宅。加えて不動産投資と株。最後にハワイ。加えて仮想通貨とブロックチェーン。

【トラリピでメキシコペソ】第1週(6/1): トラリピでメキシコペソ円が始まりました。トラリピ内2すくみで仕掛けます。売り買いともに為替差益を狙います。なんと売りを多めにする方法です。本気で利益を出したいので、スワップは気にしません。毎週報告していきます。

目次:

 

トラリピでメキシコペソ円が始まりました。今回新しく売り主体のトラリピ内2すくみを仕掛けます。毎週報告していきます。

ついにマネースクエアでメキシコペソが始まりました。

 

f:id:SSS_world:20190528055340p:plain


自動売買の雄トラリピは使いやすいため、このペソ円取引のやり方に大きな幅を持たせることができます。

 

気になるのは、スワップとスプレッドですが、

 

まずスワップは、買いで持つと1万通貨あたり、+13円、売りで持つと-23円(5/25-5/31時)でした。これは、各社と比較すると、買いは少なく、売りは多いとなります。

まあマネースクエアは為替差益を取る売買システムなので、これは仕方ないですね。

 

ただいいのが、良く動くということです。

 

メキシコペソ/円はトラリピ向き

1ペソ=6円と仮定した場合、米ドル/円(1ドル=約110円)やユーロ/円(1ユーロ=約125円)のレートはおよそ18~20倍、豪ドル/円(1豪ドル=約80円)やNZドル/円(1NZドル=約75円)でも12倍超です。※レート水準は2019年4月下旬時点

たとえば、上述の「1日の平均高低差 約9.1銭」を20倍すれば、およそ1.8円。これはユーロ/円の1日の平均高低差(約1.05円)をも上回る高低差です。

このように比率の面では、メキシコペソ/円は「ある程度の変動が見込める通貨ペア」と言うこともできるでしょう。

(マネースクエアHPより)

 

スプレッドは、1.5銭~2.4銭を推移していました。まあ妥当ですね。

 

当然仕掛けるなら2すくみですね。

f:id:SSS_world:20190528055643p:plain

ペソもリラと同じく、高金利通貨です。基本は超長期のチャート形状は下方向に進んでいます。今回私は完全に、リラとは異なり、売りを増やしました。

 

具体的な仕掛け例はこんな形です。100万円でやってみました。超安定のレバ1倍で売り多めす。今から始めるなら暴落をケアする必要があります。

■入金例:100万円

マネースクエアトラリピに100万円入金する。

 

 

■買いの例

マネースクエアトラリピで

 トラリピ注文、通貨ペア:MXN/JPY、売買:買

 レンジ1.2-7.0 (過去10年と、今後の暴落暴騰をカバー)

 注文金額:1万通貨、トラップ本数30本、利益金額2000円

 決済トレールチェック レ をつけない:淡々と予定の利益を出す。

 

 

■売りの例

マネースクエアトラリピで

 トラリピ注文、通貨ペア:MXN/JPY、売買:売

 レンジ5.1-8.0 (過去10年間をほぼカバー)

 注文金額:1万通貨、トラップ本数30本、利益金額1000円

 決済トレールチェック レ をつける:暴落ケア

 

ストップロスはお好きに、私はつけません。マネースクエアトラリピのメキシコペソ最低取引量は1万通貨でした。1000通貨ならもっと細かくできましたが、システムがパンクするのでしょうね。

 

 

こんなにも安全な設定を推奨する形はなかなかないと思います。

 

ポイントは、今から始めるなら暴落をケアしてほしいということです。

現在円高方向に下落するタイミングです。このタイミングで買いを多く持つのは愚の骨頂。いかに慌てずに買いを増やしつつ、売りで利益を取るかです。

 

そのため、過去最安値近辺から上では基本売り、そして、1円まで落ちても耐えられるように売りの2倍の範囲で買いをゆーっくりと仕掛けました。下に行けばレバ1倍で買い、上までゆっくりと利益を確定しながら、動くシステムです。

 

下落時はスワップマイナスは気にならず、上昇時は、なかなか買いが売らないので、スワップもたまりやすくなっています。レバレッジ1倍程度ですので、超安定的に推移します。誰でも利益が出る可能性が高いでしょう。

 

5/27ほどから仕掛けましたが、現在のところ、すでにプラス推移です。

売りが合計30000通貨約定しており、

ペソ円=5.7で売り+1678円、5.6で売り+770円、5.5で売り-230円となっており、

通算2218円がトレールによって利益が伸びています。

 

買いが合計10000通貨約定しており-860円となっています。

 

売り買い合計1358円が利益が出ています。

 

毎週報告していきますが、この手法でやっていけば、かなり利益が取れるのではと思います。超安全ですし、トレールで暴落時に利益を伸ばせています。今週もトランプ砲で売りの利益が伸びていますし、今後の大暴落時には相当な利益が出ると思います。

 

今は買いを推奨しているのは、まあいいのですが、さすがに怖いと思います。

無理なく売る、スワップは2すくみの為替差益2倍で十分取れます。

 

ペソのイメージは豪ドル円やNZドル円の10分の1の価格の大きさを持ち、ずっと落ち続けているイメージがある通貨です。

 

豪ドル円でいう1円幅を0.1円幅に変え、そこを取りつつ、豪ドル円なら12円-80円ほどまで耐え抜く最強手法としました。

 

どうしてもスワップの買いがほしいなら、マネースクエア トラリピではないと思いますし、またこれほど動くペソ円なら、十分スワップは気にならない形をとれると思います。

 

毎週の成果報告が楽しみです。現在リスクオフが走っていますので、すごい成果が上がると思います。

 

 

マネースクエア トラリピはこちら。ペソ円が始まりました!

マネースクエア