SSSの世界観 FX、株、不動産、消費の仕方

大変運が良いため人生楽しく過ごしています。変動と金利と消費効率の最大化が飯のタネ。主にトルコリラを両建てして波乗り中。システムトレード。あと子育て育休。ついでに注文住宅。加えて不動産投資と株。最後にハワイ。加えて仮想通貨とブロックチェーン。

【緩衝作用が働く】5すくみと大暴落は相性よし。大暴騰でもあり時間短縮です。含み損は明日の利益。緩衝作用と無理のない張り方で利益を最大化しましょう。

目次:

 

暴落とは、何が落ちて何が上がる状態かを考えると、すくみの強さがわかります。

アイネット証券のループイフダンを5すくみの形で、仕掛けています。

f:id:SSS_world:20181221051622p:plain

 

仕掛け方など詳しい記事はこちら。

【色々できる】ループイフダンの新通貨ペアでできることはたくさんあります。5すくみ、新4すくみ、新3すくみ。複数高金利通貨でのヘッジ、2社すくみ。 - SSSの世界観 FX、株、不動産、消費の仕方

 

これ安定して年利20%で利益が生じていますが、暴落に物凄く強いと思います。

 

なぜなら暴落とは何かに対して何かが暴騰している状態で、大体の株の暴落時には通貨が上がっており、通貨の中では円とドルが最強になります。

 

ということは、よく言われる暴落とは、単純に円とドルの暴騰ターンが来たということでもあります。今回は円独歩高ですね。

 

アイネット証券のループイフダン5すくみの中でこの暴騰が影響するにしても、円の横の2つの通貨ペアだけです。

 

円高になっても豪ドルNZドルや豪ドルドルあたりはそれほど対して影響しません。

ユーロドルもほどほどです。

 

安全通貨円を絡めていない通貨ペアが多数あることが、暴落時に有利になります。緩衝作用が起きます。

アイネット証券のループイフダンでできる5すくみは、両建てとおなじことですので、あるレンジの中で動けば利益が出続ける状態ができます。

 

一方で利益が出続けない状態とはトレンドが起きてしまい、レンジから大きく外れる時です。

 

アイネット証券のループイフダン5すくみの場合に、レンジから大きく外れる通貨ペアが数多くあるかというと、同時に発生することはありません。

 

なぜなら常にお互いの通貨の価値が引っ張り合いますので、円が強くなった時にもドルやユーロは円には引っ張られますが、豪ドルNZドルは大して動きません。

 

円と組んでいる外貨が、負けが続き引っ張られますが、その他の外貨同士の部分では、価値は相対的に変わらず、とくに動きがないか、いつものようなレンジが続くかで淡々と利益が積み上がっていきます。

 

暴落時にはボラティリティがあがり、利益がガッツリと出ます。このボラを利益として、しっかりと引き出して対応できる人だけが最後まで残っていくと思います。

 

むしろ暴落が楽しみです。円の暴騰でもあります。時間節約です。含み損は明日の利益です。

ボラティリティが上がる時こそ、自動売買の真骨頂です

 

人間では取引不可能な値動きだからこそ機械による自動売買の真骨頂の値動きのポジション増加、利益確定が起きます。夜2時に新規ポジションを50システム分、きれいに1銭の狂いもなく、100銭ずつ持つなど至難の業です。

 

それを偉い人の演説に合わせ動きまくるチャートに従い、5回も6回も繰り返してみると死ぬほど大変です。50システムで250-300回売買することになります。

 

でもアイネット証券のループイフダンなど、自動売買ならできてしまいますので、1日が5日や6日に匹敵する利益確定水準になりますので、時間あたりに素晴らしい価値が出ます。そのためむしろ、ものすごいボラティリティが来てほしいものです。できれば戻りながら。

 

アイネット証券のループイフダン5すくみをきちんとはれば、円を買ってもいますし、外貨を買ってもいます。要は上でと下でも利益が出る状態ですので、あとはぐるぐる動いてくれればいいのです。

 

レンジが広がる時期、つまり国境を踏み出し、新しいクソポジが出来る季節です。国が大きくなった後はまたレンジに戻り、内政でちびちびと利益を稼いでいくはず。これもまた楽しみの一つです。

www.world-sss.jp

 

ボラティリティは利益の源泉です。大いに受け入れ、時間を短縮しましょう。含み損は明日の利益、耐えられる緩衝作用がある5すくみと、無理のない張り方で利益を最大化しましょう。

 

アイネット証券のループイフダン5すくみはこちら