SSSの世界観 FX、株、不動産、消費の仕方

大変運が良いため人生楽しく過ごしています。変動と金利と消費効率の最大化が飯のタネ。主にトルコリラを両建てして波乗り中。システムトレード。あと子育て育休。ついでに注文住宅。加えて不動産投資と株。最後にハワイ。加えて仮想通貨とブロックチェーン。

【ESBI】全クワドラントを全力で増やす。どれも手を抜かないことで相乗的に強くなります。同時に陣形の組み方と兵力の調達が重要です。

目次:

 

金持ち父さん、貧乏父さんのESBIクワドラント全てで、利益を上げ続けます。

ロバートキヨサキ氏が書いた金持ち父さん、貧乏父さんはお金の稼ぎ方をMECEに分けています。とくにキャッシュフロークワドラントが名著です。

 

MECE (ミーシー、ミッシーとか読みます)とはMutually Exclusive and Collectively Exhaustiveの略で、もれなくダブりなくという、ロジカルシンキングのフレームワークです。

 

お金の稼ぎ方を、MECEに分けると、E S B I です。これをロバートキヨサキ氏は提唱しました。へーと思いました。

 

つまり E= employee =従業員、S= self employee=自営業者、B=business owner=ビジネスオーナー、I=Investor=投資家

 

 

の4つです。

 

よくわかりにくい方は、従業員、自営業者、ビジネスオーナー、投資家で、人生で得られるほとんどの利益を得られると思ってみてください。贈与やプレゼント、かけ事などの利益は自営業者に入ると思っています。

 

お金を稼ぐためのすべてのシステムをまず知ることから始めました。

そのあとは、このESBIをすべてやってみようと思いました。

 

お金を最大速度で増やすには、すべてのクワドラントで利益を得まくることが重要だと思っています。

ここまでスピードを上げる必要はないのかもしれませんが、サラリーマンの方が大金持ちになろうとすると、投資家=Iを避けては通れませんね。逆にやれば、東証1部の社長の年収も可能です。

www.world-sss.jp

 

サラリーから得られた利益を株やFXに入れていくため、サラリーの極大化はそのまま、株やFXの利益の極大化につながるためです。

 

ストックで1億円ある人と、ストックで1万円ある人では、年利1%で運用すると、100万円と、100円です。いかんともしがたい、利益の絶対量の差が出てきてしまいます。

 

そのため、サラリーの増大にも努めるべきです。

 

またSクワドラント=自営業で何かできる方は、副業を始めるといいと思います。私は副業といういい方がしっくりこず、どれも本気の本業なので、「事業部」といっています。

 

E:サラリーマン事業部、〇〇会社で務める、S:自営業事業部、バイトやパート、お手伝いでもらえるお礼など、B:ブログやユーチューブ、不動産管理事業部、I: FX、株を代表する投資事業部。

 

この事業部体がどの程度の利益を上げているかを常に把握していますし、そのすべてが成功するように、イメージしています。

 

私個人=会社組織のようなイメージで、その下に従業員として、不動産やFXやブログや株などをそろえています。その上には、同盟体やお客様としてサラリーをいただいている会社や、お家賃をいただく不動産などがあります。

 

すべてのクワドラントで利益を上げるように努力すると、Iクワドラントのスピードが跳ね上がります。これがいいと思います。

 

S:自営業は、B:ビジネスオーナー、I:投資家になるためにやるのですが、どの事業もキャッシュフローの源泉です。またE:従業員をやっておくと安定化しますね。

ブログはSからBへの変遷を狙っています。これは個人でやっている事業から、複数のブログを管理するイメージへつなげていきたいです。他のブログを買うなどもありですね。

 

Iはマネースクエアのトラリピや、アイネット証券のループイフダンで十分できます。ここに資金を投入することが一つの完了形です。

 

特に「すくみ」の形で、FX自動売買を仕掛けていますので、すくみの外側に出た際に、ケアすることを考えています。まあ25年ほどは大丈夫なように仕掛けてはいるのですが、固く儲けたいので。

 

すくみはこちらの記事をご確認ください。

www.world-sss.jp

 

すくみ中は、すくみの外側に出ていくと両建てがより大きな範囲でかかりますので、含み損が増えていきます。この際には、資金が必要となりますので、援軍を常に用意しておけるといいと思っています。まあ相当後でしょうが。

 

 

そのためには、どの事業も手を抜かず、本気で行うことかなと思います。

特にサラリーマン!これは毎月しっかりと給与所得が入ってきますので、

安全感抜群です。この陣形にしたほうがいいのではないでしょうか。

 

よく、脱サラのため、すべてを捨てて、ラーメン屋とか、ブロガーとかありますが、そこまでの背水の陣を敷かなくとも、鶴翼の陣とか、雁行の陣とか、どれだけでも防御力を上げられる陣形があると思うのです。

まあ背水の陣は攻撃力があがるので、一気に成功するとそれはそれは成功まで速いのですが。いろんな陣形があると思います。

ぱっと調べても、魚燐(ぎょりん)、鶴翼(かくよく)、雁行(がんこう)、衡軛(こうやく)、鋒矢(ほうし)、長蛇(ちょうだ)、方円(ほうえん)、偃月(えんげつ)の8種類がでてきますが、これらは、基本は、集中して1点突破か、包囲するかどちらかです。

 

背水の陣は、単純に川や海を背後におく、つまり押されたら、水の中に落ちて大変ということで、死地に身をおいて気合を入れる方法ですが、気合しか入っておらず、他の戦略的優位性を放棄した陣形です。

 

気合が入っているのであれば、わざわざこの陣形を取らなくてもいいのではと思います。ゲームとかでも、そんなにこの陣形使わないですし。

 

むしろマネースクエアのトラリピや、アイネット証券のループイフダンが方円の陣です。八卦の陣かもしれません。安全感抜群です。

 

であれば、そのほかの戦法も無理なく設計することで全体の防御力は大変強くなります。

 

ESBIのクワドラントも同時に方円の陣を敷く、つまりすべてのクワドラントで大成功を収めることが相乗的に利益が増えますのでいいのではないかと思います。

 

最大の防御力は資金力=つまり兵力です。

陣をひくにしても、先ほどの話、

「ストックで1億円ある人と、ストックで1万円ある人では、年利1%で運用すると、100万円と、100円です。いかんともしがたい、利益の絶対量の差が出てきてしまいます。」ということで、資金力がないと何ともなりません。

 

そのため、資金調達をどうするかが重要です。ESBIは基本は自己資金からキャッシュフローを得るのですが、別にマネースクエアのトラリピや、アイネット証券のループイフダンが年利20%で推移しているならば、今週34%でしたし、

www.world-sss.jp

 

 

年利5%払っても全く問題ないはず。例えば一時的にキャッシングや銀行取引で資金を調達して、自己資金利益率ではなく、全資産利益率で投資を行うことも重要です。

 

 

もしもの時に資金が借りれれば、それは、すくみの構築などの一時的なヘッジに素晴らしい状態を作り出すと思います。まあキャッシングは信用情報が大幅に棄損されますし、銀行は貸してくれないものではありますが。考えをもっておくことが重要だと思います。

 

自己資金ではなく他己資金を活用する方法を考えます。

他己資金は基本、銀行などから借りてきますが、この他己資金は借りるためには与信が必要です。リボ払いなどで与信は低下してしまうのですが、すでに借金が無い状態ならば、少しくらい低下させて家を買う時などには借金を借りて、その分の自己資金を投資に回してしまうのも手です。

 

自己資金比率が70%ならば十分高いはず。他の人の資金も借りて事業を起こすと素晴らしく速いスピードで利益が増大していきます。

 

単純にすべてを捨てて、一つの事業を突破させる背水の陣を引くより、方円の陣や八卦の陣などの安定化された陣で資金を借り=兵力を調達し、大きな勝利に向かうのもありだと思います。

 

 

自己資金の調達のためにも、ほかにもいろいろなことが出来ます。新製品を作り出すとか、新技術を作り出すとか。どのような観点でも攻めあがる方法はあります。

 

 

それはサラリーマンでも同じで、サラリーマンの仕事も頑張っていると会社自体がご自身を守ってくれるようになりますし、発言権も増えますし、得られる利益も増大します。投資をしっかりやる、個人事業をしっかりやる、またサラリーマンもしっかりやる。すべてのクワドラントをしっかりやることで、安定して利益を出し続けることが出来ますし、より大きな陣形を組みやすいと思います。

 

全クワドラントを全力で行い、どれも手を抜かない。

最後は資金調達を考える。

 

これでFXの自動売買による不労所得調達スピードも大幅に向上するでしょう。

 

4すくみや5すくみ+トレールと色々できるマネースクエアはこちら。

マネースクエア

 

完全5すくみが出来、スワップが高く、スプレッドが安いループイフダンはこちら