SSSの世界観 FX、株、不動産、消費の仕方

大変運が良いため人生楽しく過ごしています。変動と金利と消費効率の最大化が飯のタネ。主にトルコリラを両建てして波乗り中。システムトレード。あと子育て育休。ついでに注文住宅。加えて不動産投資と株。最後にハワイ。加えて仮想通貨とブロックチェーン。

【過去の戦いに学ぶ】投資金額は兵力、投資家は君主、投資手法は戦術・武器。そして戦略は4すくみ。

目次:

 

三国志でも戦国時代でも兵力、君主、戦術の3つが重要です。

①兵力つまり投資金額は多ければ多いほど戦いが楽になります。数が多いことは全ての戦いで有利になります。多方面の戦いにも出れますし、守りにもさけますし、攻めにも戦力が割けます。

 

②君主はご自身です。強ければ強いほど戦いが楽になります。例えば、投資経験が多く、多くの兵力(資金)を指揮したことがあれば、大きな資金の動かし方も知っていますし、少ない資金で戦い抜いたことがあれば、機を見て敏に動くこともできます。

 

③戦術はアイネット証券のループイフダンなどです。戦術は戦国時代ですと陣形が組める、強い武器が使える(連弩とか)、象に乗れる(兀突骨とか)、船に乗れる(呉軍とか)、鉄砲が使える(信長とか)の強い技術になります。当然持っていれば、各戦場で有利に働きます。

 

そして最も重要なのが、戦略の4すくみです。

お金を増やすという目的に対して、FXを選び、その資金としての兵力を投射した君主であるご自身が、アイネット証券ループイフダンを使えたら、大きな戦略が描けます。

 

それがアイネット証券のループイフダン4すくみだと思います。

 

4すくみはこちらの記事にまとめてあります。

www.world-sss.jp

 

4すくみは、時間軸=X軸のスピードを、Y軸の中の領域を広げていくことで、無限の領土を作っていく試みであり、戦略です。

 

本戦略はただ一つ。4すくみ範囲>短期的値動きのボラティリティ を目指します。

 

この状態が保たれれば、常に領土が拡大し、その領土の中であれば、利益が発生します。4すくみはアイネット証券のループイフダンという戦術を駆使した、大きな戦略です。世界の海を超え、通貨をまたにかけてその影響範囲を増していく戦略です。

 

この戦略が出来たからこそ、ループイフダンや自動売買が何を目指しているかがわかってきました。

 

常に安定する領土の拡大でした。これが戦略の根幹です。

 

短期的利益はうれしいですが、中長期的には英雄に囲まれた4すくみ領土が広がることが価値になります。

英雄=つまりクソポジ という両端の含み損を大きく抱えたポジションに囲まれたアイネット証券のループイフダン4すくみ内の領土が広がること。これが欲しい不労所得の装置となります。

 

不労所得は、不労=つまり働かなくても問題なく推移する状態を作る ことが重要ですので、安心してほおっておける範囲が広がれば広がるほど、不労所得は無限に近づきます。

Y軸の値動きの領土が広がったら、値動き内であるX軸時間軸の間がすべて不労所得で得られている時間になります。これが限りあるX軸=つまり人生のうちでどれほど確保できるか。その確保したものは確固たる範囲を持っているかが重要です。

 

クソポジ=英雄である理由はこの点にあります。英雄は外側に進出し、確固たる地域、領土を固めることで、不労所得を取る時間を作り出します。

 

ただし、英雄は一気に攻め込むと補給線が伸びてしまい、兵力が全く足りなくなります。証拠金維持率が激減します。戦場が拡大する前に、内政をしっかりと行い、給料からの援護射撃である入金もしながら、来るべき拡大期を狙いすましましょう。

 

投資金額は兵力であり、投資家あなた自身は君主、投資手法を覚え、

最後に戦略を描きましょう。

 

ループイフダンはこちら