SSSの世界観 FX、株、不動産、消費の仕方

大変運が良いため人生楽しく過ごしています。変動と金利と消費効率の最大化が飯のタネ。主にトルコリラを両建てして波乗り中。システムトレード。あと子育て育休。ついでに注文住宅。加えて不動産投資と株。最後にハワイ。加えて仮想通貨とブロックチェーン。

【値動きを覚える重要性】年利換算にすると20%のループイフダン4すくみ。動きを利益確定から感じると裁量取引もうまくなります。

目次:

 

 

ドル、ユーロ、円、豪ドルを「すくみ」になるように仕掛けています。

ドルでユーロを買い、ユーロで円を買い、円で豪ドルを買い、豪ドルでドルを買う。つまりドルを売って、ドルを買う状態「すくみ」を作り出すことで、世界の先進国の通貨を同時に持ちつつ、同時に売っている状態が出来ます。

 

f:id:SSS_world:20180319141137p:plain

 

この状態において、FXの自動売買のアイネット証券ループイフダンを使うことで、自動で新規のポジションを作り、自動で決済され利益を得ることが出来ます。

 

この状態は素晴らしく、含み損がある程度一定の量になっており、先進国通貨がループしますので、安定して利益が積みあがっています。

 

4月から8月第3週までしっかりと年利20%を刻んでいます。

毎週その週で積みあがった利益を計算し続けていますが、平均すると年利換算20%で安定しています。

www.world-sss.jp

 

ただ全く動かない週もあります。

 

昨日、おとといは物凄く動いていますが、

 

今日は全く動いていません。

 

相場は動くときにはものすごく動き、動かないときには全く動きません。

 

動きがあることを知るまでは、裁量取引では利益が安定しませんでした。

ボラティリティがあるときとない時があることを知るまでは、裁量取引では利益が安定しませんでした。

 

特に年末年始の平日が休みの日などは、海外は動いていますが、あまりボラティリティがなく、ポジションを大きくとってしまうと、失敗することが多い印象でした。

 

この失敗がよく理解できたのは、リーマンショックの時でした。突然これまでとは全く異なるボラティリティが発生し、日々対応に追われていたのを覚えています。

 

この間に何をしたらうまくいくか、試していたら、最もうまくいった方法が、今現在アイネット証券ループイフダンでやっている方法でした。

 

少しづつ買って、少しづつ売ると儲かることがわかりました。

 

ただし、動きがないと、これが出来ないので、動きがある日を待つしかなかったのを覚えています。指値で建玉を作っていくのですが、時間がかかります。

 

この時間を自動売買なら完全に自動でやってくれます。アイネット証券ループイフダンの自動売買に出会うまでは、利益が安定しませんでした。

 

ループイフダンの4すくみをしていると相場を利益で感じることが出来ます。値動きが心に刻まれ、裁量取引がうまくなります。

アイネット証券ループイフダンは自動で動いてくれるために、相場のすべてを利益に変えることが出来ます。

 

またチャートのすべてのタイミングで利益が出ると、その利益が出るタイミングが心に刻まれます。

 

そのため、チャートを見ていなくてもチャートの値動きのイメージがわかるようになり、なんと裁量取引がうまくなります。

 

チャートがどのようなときに動き、利益が確定されているか、

その時間軸。

 

何が起きた後に大きく動くか、その原因。

 

などがつかめるようになってきます。

 

ここまでくると、ループイフダンで利益が出そうなタイミングすら見えるようになります。

 

まずはループイフダンを始めて動きを心に刻みましょう。

ループイフダンの始め方は簡単です。

アイネット証券のFX口座を開く

・30-60万円入金する

・ループイフダン B100 (USD/JPY) を1システム動かす

・値動きでチャートの勉強をする

 

これでチャートの値動きが利益確定から心に刻まれるようになります。

一度利益が上がりますと、そのタイミングはすごくよく覚えているものです。

 

アイネット証券ループイフダンをかけることで、値動きがしっかり体で理解できつつ、利益が上がっていきます。

 

裁量の勉強のためにも、値動きを感じて日々記録していくと、勉強になると思います。

 

ループイフダンはこちら