SSSの世界観 FX、株、不動産、消費の仕方

大変運が良いため人生楽しく過ごしています。変動と金利と消費効率の最大化が飯のタネ。主にトルコリラを両建てして波乗り中。システムトレード。あと子育て育休。ついでに注文住宅。加えて不動産投資と株。最後にハワイ。加えて仮想通貨とブロックチェーン。

3すくみは4すくみの元。3すくみをたくさんかけるのもアリです。

ループイフダン3すくみは4すくみの元です。

3すくみはドル円ユーロでかければいいので、簡単ですし、じゃんけんのグーチョキパーで考えると1つの通貨しか負けませんので、証拠金は一つ分で済みます。

 

ドル円ユーロ

ドル豪ドル円

 

などアイネット証券のループイフダンならかけられます。

これもまた一つの重要な手法だと思います。

 

この手法ですくみに慣れるのもありだと思います。

 

三角形の集まりが多角形です。

3すくみは全ての多角形すくみの元ですこのため、3すくみで三角形を作りながら、それをたくさん集めていく方法も結構いい方法だと思います。

 

3すくみなら結局1つしか負けないので、例えばドル円なら30円の値幅まで耐えられるとすると60万円程度の入金額になります。

 

3すくみなら60万円あればまずは仕掛けが可能なのです

 

この三角形を沢山集めて多角形にするのが、多角形のすくみの一つの方法だと思います。

 

強固なすくみとはどんな状態なのか。

私は先進国通貨であればある程度多くの国の通貨で分散されているのがいいと思います。この通貨分散がない限りは、なかなか本当の安全性には近づいて行かないと思います。

 

本当の安定を求めるなら多段階のすくみを使いこなし、どんな値動きが起きても安定的に儲かり、ボラティリティが低いときでも高くなり、高い時でも低くなるような状態が重要です。

 

この状態を作り上げるためには、多国間の枠組みを利用するのが一番早いと思います。多国間の通貨を使いすくみをかけ、世界の全ての動きから利益を生じるようにしてあれば、完成かなと思います。

 

アイネット証券のループイフダンならこれが自動で行われますので、ボラティリティを利益にしてくれます。すくみの考え方と一番小さなすくみである3すくみを理解することで、最強のシステム構築に役立つと思います。

 

3すくみも始められるループイフダンはこちら