SSSの世界観 FX、株、不動産、消費の仕方

大変運が良いため人生楽しく過ごしています。変動と金利と消費効率の最大化が飯のタネ。主にトルコリラを両建てして波乗り中。システムトレード。あと子育て育休。ついでに注文住宅。加えて不動産投資と株。最後にハワイ。加えて仮想通貨とブロックチェーン。

自動売買の売り買いの値幅を調整して検証してみます。

FX自動売買システムは売り買いの幅を調整できるシステムもいくつかあります。

友人と自動売買の話をする中で、適切な値幅の議論が起きていたので、考えていきたいと思いました。

 

例えば、マネースクエア のトラリピなどはFX自動売買の元祖のシステムです。

 

ドル円やユーロ円などの主要なチャートに網を張るトラップリピートイフダンを作ることができます。

 

このトラップリピートイフダンはかなり使いやすく値幅を自由自在にコントロールすることができます。

 

ただ、逆に言えば、どのような値幅が最もよいかを、算出するところに重要なポイントがあります。

値幅の議論はツイッターでもいたるところでおきています。この議論は結局は予測が当たらないとあまり意味がないとも思うのですが、大きく値幅を調整した時にどのような効果が出るかは興味があります。ここ部分をマネースクエア のトラリピを使って検証していきたいと思います。

 

中長期の検証となると思います。バックテストなども考えていきたいと思います。

 

トラリピちゃん、素晴らしいシステムですので、まずは久し振りにしっかりと触ってみます。お金はむかーしから入っているのでがっつり検証してみます。

 

トラが可愛いトラリピのマネースクエアはこちら

 トラリピ×決済トレール