SSSの世界観 FX、株、不動産、消費の仕方

大変運が良いため人生楽しく過ごしています。変動と金利と消費効率の最大化が飯のタネ。主にトルコリラを両建てして波乗り中。システムトレード。あと子育て育休。ついでに注文住宅。加えて不動産投資と株。最後にハワイ。加えて仮想通貨とブロックチェーン。

【保存版】年利15%-30%の不労所得をがつがつ増やす。ループイフダン両建ての進化版4すくみを90万ずつ増やしています。

目次:

 

ループイフダンを両建てする方法を進化させた4すくみ

ループイフダンはアイネット証券が提供するFXの自動売買システムです。

 

このシステムは年利15%-30%で儲かった実績があり、今年度の2か月もすでに、15%はきっちりたたき出しています。

 

このループイフダン両建てはこの記事がわかりやすいと思います。安定して稼げます。

www.world-sss.jp

 

このシステムで、両建てを進化させたのが、4すくみの方法です。

私は4月からこの方法に惚れ込んでいます。

www.world-sss.jp

www.world-sss.jp

 

4すくみは1/3が負けますので、1.33通貨ペアが負けます。

このブログでは、ドル円が30円下がっても、証拠金が破綻しない状態を基本にしています。

 

アイネット証券のホームページからは63万円程度の入金があれば、30円の下落幅に耐えられる設計になります。下記の表をみてください。

f:id:SSS_world:20180318075828j:plain

 (参照:アイネット証券ホームページ 目安必要資金表)

632400円あれば、ドル円のループイフダンB100 (USD/JPY) ならば30円の下落幅まで耐えられます。すなわち、109-30=79円まで耐えられます。

 

ドル円の過去最安値は75.54円ですので、過去最安値まであと4円程度までの水準まで耐えることができます。

 

この状況を4すくみで作り出します。

 

つまり、4すくみの全ての通貨ペアが30円ダウンする幅が同様と仮定した場合、63.24万円×1.33すくみポジションが常に負けますので、ずっと1方向に負けるとすると、84.1092万円が必要になるはずです。

 

他の1.33すくみポジションは「あいこ」で常に値動きせず、残った1.33すくみポジションは常に利益確定されています。

 

このため、84万円約90万円あれば、とりあえずすくみポジションは生きていけることとなります。一方通行で走った際にも、この量があれば、基本は30円ダウンまで損切されずに対応できます。

 

90万円貯まったら、4すくみを1セットかける

90万円貯まったら、4すくみを1セットかけ続けています。90万円貯めるのは結構大変ですが、まあ頑張ればそのうち貯まります。この貯まった90万円を基に、アイネット証券のループイフダンを増やしていきます。

 

ループイフダンの利益確定を使い、90万円を複利で増やしてもいいですし、複利では増やさず入金をしていくことで、4すくみをかけてもいいですが、私は中間の利益の半分は複利で増やし、利益の半分は証拠金にあてて、できる限り入金で増やす方法をとっています。

 

この方法ならば、30円の証拠金落ち幅がだんだんと広がり、過去最安値まで下がっても大丈夫な幅に到達するためです。

 

4すくみで系ループイフダン500本ほどのシステムとなるように努力しています。

90万×500/4=1億1250万円必要になりますが、一生が終わるまでにはこのくらい行きたいですね。大体10システムで一日平均1000円~2500円ほどの利益が出ていますので、500システムで5万円~12.5万円が1日にゲットできるようになります。1日に10万円なら年に2400万円。約年利20%ですね。

 

ここまでくると本当にはアイネット証券のループイフダン様様ですし、アイネット証券1社にしておくと何か起きたときに怖いので、

 

ヘッジでひまわり証券のループイフダンも3割程度かけると、ちょうど良くなると思います。

 

ループイフダンは本当に素晴らしいシステムです。

両建てや4すくみを使いこなして、

ぜひ継続性のある不労所得をがつがつ増やしていきましょう。

 

アイネット証券のループイフダンはこちら

 

 

ひまわり証券のループイフダンはこちら