SSSの世界観 FX、株、不動産、消費の仕方

大変運が良いため人生楽しく過ごしています。変動と金利と消費効率の最大化が飯のタネ。主にトルコリラを両建てして波乗り中。システムトレード。あと子育て育休。ついでに注文住宅。加えて不動産投資と株。最後にハワイ。加えて仮想通貨とブロックチェーン。

今日のドルリラ円 (1/21)

更新したところのみ太字にしてます。

今日は、
リラ円が20.6ほど。
ドル円が109.7ほど。
ドルリラが5.31ほど。
前日に比べてリラ>ドル>円です。

 

ドル円は数年後の中長期の円安方向は変えません。114、117、120を目指す。

ドル円は112円程度まで円安方向かもしれません。まだまだ三角保ち合いのなかですね。どの程度保ち合いが続くかを確認していく必要があります。煮詰まってきました。下にも上にも行きにくいです。こんな時には一度騙しを挟んで一気に逆方向に飛び出そうな気がしますが。

 

ドルリラは5.31です。

ドルリラの月足を見るとまさかの4.0切りが見えてきます。5.15あたりを下に抜けるとありえそうですね。安定しています。ここから4.0切りはありえそうです。5.15見えてきました。原油が下がりそうです。ここからはリラは原油が下がれば上がる循環にはいりそうです。

 

リラ円は20.6

ドルリラが4.0でドル円が110ならリラ円は27.5ですね。ドル円が落ちそうなのでそこまではいかないかもしれませんが、25円を超えてきそうです。リラ今年は安定してます。円、ドル両方が安くなるのもあり得ます。そのときリラ円は跳ね上がるのでしょう。27円まじでいくのではないかとおもっています。まさかの27円は十分にありえる。だんだんとまさかの27円の土台が見えてきました。淡々とスワップを得ながら待ちましょう。

 

◼️今日のおすすめ過去記事
ブログも800本と蓄積して来ましたので、過去の良記事を淡々と貼っておくことにします。

 

少しずつでも投資にお金を回していくと、素晴らしい結果がついてきます。難しい投資ではなく、自動売買で十分達成されます。

【保存版】複利で作る不労所得:月2万円を貯めて、ループイフダンで30年動かすと、東証一部の大企業社長年収が老後の年金になります。 - SSSの世界観 FX、株、不動産、消費の仕方

 

************************************
この情報は個人の主観を含みます。
投資判断は自己責任でお願いします。

【リラーマン】トルコリラは超長期のスワップ投資は最後は勝てますが、その勝ちをより安定させます。10年でレバレッジは1倍で、かつ2すくみで売り買い進めます。

目次:

 

2000年の時に200円/1リラだったリラは現在20円/1リラ。10分の1になっています。

チャートが常に下向きのトルコリラ。

 

これで為替差益を取りに向かうには、売りを持つしか本当はあり得ません。

 

ただし、

 

スワップがプラスなので、買いをレバレッジ1倍で持った場合は、

決して、悪くない利益が乗ります。

 

200円~20円ですこーしずつ、淡々と1万通貨ずつ落ちたら買う、落ちたら買うで、平均110円になるように買い続け、平均12%の年利がついたとします。

 

こんな推移となります。(当然毎日変化しますので、こんな変化ではないですが)

f:id:SSS_world:20190120122158p:plain

 

スワップは合計で、1824万円となりますが、これは淡々と落ちた場合です。

f:id:SSS_world:20190120122407p:plain

 

これらの計算をすると、こんな感じで、最後はスワップと為替差損を鑑みても114万円のプラスが出ました。

f:id:SSS_world:20190120122512p:plain

 

 

つまり超量期のスワップ投資は報われる時が来ます。すこし反発すればまず報われる。

まずここは安心しておきます。

 

ただし条件は、

・一気に買わず少しずつ買い続けることができる

 =レバレッジ1倍で落ちたら買うが必要となります。

 

8月の大暴落。リラの良さはなんといってもスワップ!もですが、ボラティリティも素晴らしいのです。

8月には突然16円ほどまで落ちることもありました。

 

著名な投資たちでもスワップポイントをもとに投資をして、結構なダメージを負ってしまっています。また撤退が相次いでいます。

 

しかし逆に見れば、ものすごいボラティリティが出ているわけです。 

リラはボラティリティが高いために、売ってしまえば、かなりの金額が稼ぎ出せます。

 

マネースクエアのトラリピならば、スワップ支払いも-104円/1万リラ円と少なくなります。

 

大暴落を生かすために、リラを売りでもつと、それもかなり利益をもたらします。

そのため、常に2すくみ及び、裁量の売りもトルコリラ投資では必要となります。

 

www.world-sss.jp

  

基本はリラは買いながら、大暴落時に追加できるようにする。

それがリラのボラティリティを使いこなした、取引だと思います。

①長期で持てていれば勝てて、

②売り買いでボラティリティが高いことを利用すれば勝てる

とすると、

 

①買いを多めで、②ボラティリティを活かしきる、③0円になっても飛ばない。

 

これが勝ちパターンとなります。

 

アイネット証券の提供するループイフダンに高金利通貨が加わりました。トルコリラ円は1月20日現在115円/1万通貨・日の値がついておりますので、こちらをしかける。この買い方ならば、だんだんと落ちていく場合に買っていきますので、一気に買うことはなく、先ほどのスワップ年利のイメージができます。

 

売りスワップが安いマネースクエア トラリピ-104円/1万通貨・日を使い、売りのトルコリラ円のシステムを張り巡らせます。こちらは大暴落が来たら大成功です。ものすごく利益が出ます。

 

これでアイネット証券側を多く張ると、①が達成されます。

②はアイネット証券マネースクエアを張り続ければ利益が出続けますし、ボラティリティが上がるほど、利益が出ます。大暴落して再度上がるなど最高の状態になります。

 

下がり続けるダウントレンドで、だんだんとポジションは買いポジションが多くなります。スワップがたまり、売りポジが利益となる。また上がれば、上がったで、買いポジションが決済されます。

 

これぞ最強手法となります。

 

2すくみ=両建てのトルコリラ円の始め方は簡単です。ループイフダンとトラリピを始めるだけです。

アイネット証券のループイフダンの口座を開き、マネースクエアのトラリピの口座を開く。

・証拠金をそれぞれ50万円ほど入れる。50万ずつとかでもいいと思います。

・ループイフダンB100 (TRY/JPY) を仕掛ける

・トラリピを15円~45円まで1.5円幅で20本仕掛け、利益金額を1300円にしてトレールをプラスする。

・推移を見守る。

 

これで、上は50円程度、下は0円まで余裕で耐えられつつ、下落時にはマネースクエアトレールで大きく利益が走り、上昇時にはループイフダンが淡々と決済するようなかなり長く継続するシステムが立ち上がります。

 

100万円あれば、余裕すぎるので、ループイフダンB50(TRY/JPY) とトラリピ設計を0.75円幅 40本にしても十分だと思います。

 

このシステムのポイインとはトルコリラが上下どちらに動いてもかなり儲かるということです。

 

さらに動かくなくとも、スワップは115円のプラスと104円のマイナスなので、横ばいでもプラス。上でも下でも横ばいでも儲かる可能性が高い最強の手法です。

 

とりあえず、4システム分ほど両社で始めました。

また推移をご報告していきます。

 

アイネット証券のループイフダンはこちら。スワップが高いので買いで持ちます。

 アイネットFX

 

マネースクエア トラリピはこちら。スワップが安いので売りで持ちます。

マネースクエア  

 

 

 

 

 

 

【ループイフダン5すくみ】5すくみ完全検証: 1月3週。5×2方向×2回し=20システム回した時の含み損含む、実現利益推移の検証。

目次:

 

ループイフダン5すくみを仕掛け、検証をしていきます。

アイネット証券のループイフダンを5すくみのデータを取ります。

 

先に結論ですが、

レンジなら利益が含み損を超え、儲かります。

トレンドなら利益が含み損に負けます。

あとは、どのタイミングで、チャートがどうなるかだけではあります。

 

ループイフダンを使って、20システム分、5すくみを行うとどんな推移を描くかを考えていくために、結果を丁寧に取得していきます。

 

f:id:SSS_world:20181027221709p:plain

 

 

5すくみは18年11月から始められたシステムですので、4すくみと5すくみが混ざってしまっており、わかりにくいので、かっちり5すくみ検証していきます。

www.world-sss.jp

 

【条件】

・2019年1月13日(月)から始めました。

・300万円の入金分で20システム張りました。

10システムは

ループイフダンB100 (EUR/USD) 

ループイフダンS100 (EUR/USD)

ループイフダンB120 (EUR/JPY)

ループイフダンS120 (EUR/JPY)

ループイフダンB100 (NZD/JPY)

ループイフダンS100 (NZD/JPY)

ループイフダンB100 (AUD/NZD)

ループイフダンS100 (AUD/NZD)

ループイフダンB100 (AUD/USD)

ループイフダンS100 (AUD/USD)

すべて1000通貨単位、EUR/JPYだけ25ポジ、ほかは30ポジションです。

損切はなし。

 

5すくみ両方向です。

これを2つ。張りまして、20システムです。

 

途中で

f:id:SSS_world:20180601021135p:plainから

f:id:SSS_world:20180601021202p:plainなるので、

f:id:SSS_world:20180601021045p:plainなるように

f:id:SSS_world:20180601020904p:plainするように、

 

は、していきたいと思います。

動かすときの参考にしてみてください。

 

基本はほとんど変えずに、

f:id:SSS_world:20180601021135p:plain

行きたいと思います。

 

今週は、2500pipsまで耐えれて11.7%。2000pipsまで耐えれて17.6%です。含み損が確定利益を超えており通算マイナスです。

〇1週間の結果

f:id:SSS_world:20190119094303p:plain

 

〇決済約定回数

f:id:SSS_world:20190119094123p:plain

 

〇決済約定金額

f:id:SSS_world:20190119094506p:plain

 

〇通貨ペアごとの積算利益と含み損通算後の実現利益の推移

f:id:SSS_world:20190119094733p:plain

 

第一週は含み損ですが、最初は当然領土がないためいつものことです。

www.world-sss.jp

アイネット証券のループイフダンはループしてこれば、利益が積みあがってきます。

ループするまでが耐え時ですが、なんだかんだでループしますのでそのうちよくなってきます。

 

去年は含み損を含めても通算プラスで終わっています。

www.world-sss.jp

 

毎週の検証を進めます。

すくみの技術のより高い進化を目指します。

 

年利20%の5すくみができるループイフダンはこちら

アイネットFX 

【ループイフダン4・5すくみ検証結果】1月3週は2500pips証拠金で年利換算13.5%。2000pipsで20.2%。淡々と稼いでいます。

目次:

 

結論から、 

・約2250pips=22.5円幅まで耐えられる幅の証拠金100万円で

4すくみ両方向=8つループイフダン分を張った場合の利益積算と、

5すくみ両方向=10つループイフダン分を張った場合の利益積算を合計し、

・円安ロケット、円高ドリルはある程度用い、

・証拠金を鑑みた年利を載せました。

 

■今週の結果

f:id:SSS_world:20190119071418p:plain


*1システムとは4すくみの一つループイフダンB100 (AUD/JPY)1つ分ということで、

4すくみ1つ分=4通貨ペアのすくみではないです。 

 

FX自動売買ループイフダンを4・5すくみになるようにかけています。

アイネット証券のループイフダンをすくみの方法でかけて安定的に年利20%を目指す。

 

f:id:SSS_world:20180605204938p:plain

 

この方法に出会ってから、きちんと利益が上がり続けています。

 

設定も単純、簡単で、イメージもしやすいので、

かなりいい方法だと思い、自分でもかけまくっています。

 

このあたりの記事をご参照ください。

 

www.world-sss.jp

 

4すくみの詳細を知りたい方は、こちらの記事に10本程度まとめてあります。

www.world-sss.jp

 

5すくみは18年11月から始まりました。

f:id:SSS_world:20181027221709p:plain

 

5すくみの詳細記事はこちらからご覧ください。

www.world-sss.jp

 

さてここから。今週は平和な値動きでした。

 

今週は動きがない週でしたが、ループイフダンはスプレッドが狭く、ほどよく動いています。狭い動きの際にループイフダンは威力を発揮しますね。

 

今週の結果は年利換算で13.5%でした。普通でした。

今週の動きは戻しの動きでした。先週も今週も4すくみ改「とんがりドリル」の体制をしかけており含み損があまり増えずに下方向への利益がでました。またそのあとものすごく上がってきたので、増えた含み損は回収しました。5すくみ的には素晴らしい状態です。

www.world-sss.jp

 

また5すくみで始まった、NZドル円は決済約定も発生しまくりました。f:id:SSS_world:20181027221709p:plain

 

他の通貨ペアは4すくみと混ざったので、まあ混ぜておきます。4・5すくみともに今週は戻しの値動きですね。きれいに含み損のみが取れました

 

このボラティリティを利益に変えることこそ、アイネット証券のループイフダンの真骨頂です。今週は小幅な値動きでした。

 

アイネット証券で4・5すくみを回し続けると、ボラティリティを感じることが出来ます。今週はほどよくボラティリティを感じられました。

 

さて、今週の結果は、こちらになります。

 

■今週の結果

f:id:SSS_world:20190119071418p:plain



*1システムとは4すくみの一つループイフダンB100 (AUD/JPY)1つ分ということで、

4すくみ1つ分=4通貨ペアのすくみではないです。 

 

いい感じですね。年利13.5%は平和な値動きです。国境内で内政中です。一気に戻ってきています。1月第3週終わってみれば含み損は解消、確定利益が素晴らしい状態です。

 

必要証拠金は1システム20万円で計算しています。

アイネット証券ループイフダン4すくみは、100銭毎の値幅で行う方法であれば、約20万円で1ループイフダンを仕掛けたときに約3000pips程度の値動きに耐えられると思っています。

 

下記のアイネット証券HPの目安必要資金表からは、

f:id:SSS_world:20180318075828j:plain

参照:アイネット証券 HP

 

ドル円の30円動いた際に必要な証拠金と含み損の合計が63.24万円であることから、普通の4すくみでない、1ループイフダン3000pips対応に約60万円必要だと見積もりました。

 

4すくみに使う通貨ペア ユーロ円、ユーロドル、ユロドル、豪ドル円の4つに対して、ドル円はちょうど通貨価値の大きさが真ん中です。ユーロ円>ユロドル>ドル円>豪ドル円>豪ドルドルの形で絶対値が大きいため真ん中になり、ドル円で計算しておけばそれほど外れません。

 

4すくみは勝ち負けあいこになるはずなので、常に負けは全体の3分の1。負けだけが必要な目安資金を鑑みるべきです。4すくみを3で割ると、4/3=1.333が負けとなります。

 

60万円で1システムをケアするなら、1.33システムなら1.33×60=80万円です。

 

4すくみは同時に4つシステムはかけていますので、80/4=20万円が4すくみの1システムに必要な金額だと思います。実際かける際にはもう少し証拠金が必要になりますが、値動きがすくみになる観点からはこれで十分です。

 

同じく20円幅2000pipsで耐えられる状態だと、10万円/4すくみ1システム分となります。ドル円2000pipsの値幅には60万円の半分30万円程度必要であるため、20万円/4すくみ1システムが20万円/1システムになります。

 

5すくみも1システム20万円で計算していますので、5×両方向2=10システムなら200万円ですね。追加の際には200万円があると安全です。

 

入金とシステム追加で少しわかりにくくなっていますが、

やはり相当安定的ですね

 

私は証拠金で割り返すと18年4月からの年利は20%余裕で確保できています。

www.world-sss.jp

 

安定して動いているのがアイネット証券のループイフダン4すくみの強みです。

 

複利は含み損が増えている状態ですと、追加運用をかけにくいのですが、含み損も減り、確定利益が出て、実際の差し引きの時価総額が増えていくと安定して追加が出来ます。今週は入金もせず見守るのみ。

今週も、入金もせず。見守っていました。国境に戻ってきました。利益がでて、元の国境内に戻ってきているので、含み損が激減しました。平和そのもの。

 

アイネット証券のループイフダンは含み損が出ていると、スマホ上では赤字に表示されますが、黒字が見えず、赤字だけになっているときが4すくみは最高の状態です。国境を守るクソポジが英雄として領土を守っている状態です。

 

今週は外征から内政への週でクソポジを国境に残し、戻りの利益確定と含み損の激減が起きました。

 

クソポジさん=英雄に守られる話はこちらに詳しく書きました。

www.world-sss.jp

 

含み損は減りその分利益もしっかりと上がっていますので、含み損は明日の利益であり、先週の含み損は今週の利益でした。

 

今週も先週に続き逆回転、速すぎる回転速度です。笑いが止まりません。

 

ループイフダンの始め方は簡単です。

4・5すくみは、おいおい慣れてからでいいと思います。

ループイフダンは基本設定でも年利10-20%の実績があります。

www.world-sss.jp

 

今年はドル円の動きが鈍いので、ドル円では年利20%は現時点では無理そうです。

豪ドル円でもいいと思います

www.world-sss.jp

 

まずは基本から実施してなれました。そのあと、両建てや4・5すくみなどを触ってきました。FXや取引に慣れるまでは時間がかかりますので。

 

アイネット証券のFX口座を開く

・30-60万円入金する

・ループイフダンB100 (USD/JPY)かB100 (AUD/JPY) を1システムかける。

・20円程度値動きがあればケアをする。

 

これで年利10-20%は出ると思います慣れた後は、すくみの関係をうまく利用すると、本記事で書いているような結果が出てきます

 

安定推移しながら複利で運用するにはもってこいの投資です。

 

来週もどれほど動くか、動きすぎが怖いので証拠金は厚めにします。また国境の拡張=含み損の増加が起こりそうですので、追加はせずに証拠金を厚くする、利益を複利投資しないなどを実施する予定です。

 

むしろ年利20%程を目指すように、動きすぎたら入金するくらいが安全です。

 

私は、安定して年利20%になるように動きすぎたら入金、積みあがったらシステムを張る形で、年利20%弱程度を維持するような動きをしています。

 

年利20%あればタワーマンション余裕で買えます。 

www.world-sss.jp

 

すでに、5すくみを始めてから数回大暴落中でも最高の安定感を得られました。もっと安定感を増すために、入金して追加を張らない形で、スーパー安定感を得るようにしたいです。年利10%くらいで証拠金維持率1500-2000%ほどを維持していくくらいのほうが、ずっと安定だと思います。

 

損しなければ、複利で増えますので。

5すくみが加わり、また面白くなってきました。追加は全て5すくみを入れていきたいと思っています。

 

この検証結果は、4すくみ5すくみを混ぜつつ、円安ロケット、円高ドリルが入っていますので、裁量が入ってしまっていますが、円安、円高対応は全体の2-3割です。それほどは影響しておりませんが、5すくみだけのデモトレードの結果をついでに作っていきます。こちらは含み損もしっかり載せていきたいと思います。

 

含み損と利益の状態はレンジなら、元に戻ってきた際はしっかり得られています。

トレンドなら国境が拡大しますので、行き過ぎたら、少し止めるのもありですね。

すくみバーガーとなずけました。これもまた良し。

www.world-sss.jp

 

でも、すくんでいれば、基本は堅いです。負けにくい投資ができていますので、安定して利益を出し続けるでしょう。

 

来週も楽しみです。

 

ループイフダンはこちら

 

 

【トラリピ4・5すくみ検証結果】1月3週の結果は、2500pips耐えられる設定で、年利換算1.3%でした。2000pipsで2.0%。トレールは0%。

目次:

 

結論から、

・2500pipsまで耐えられる設定で、年利1.3%換算でした。

・4すくみ、5すくみともトレールがは動いていません。

・カナダドルは寝ています。起きたらまた年利が上がります。

 

f:id:SSS_world:20190119055321p:plain


 

マネースクエア のトラリピを3つの方法で仕掛けています。

マネースクエアのトラリピを使って、3つの方法で仕掛けをしてあります。

 

①スワップの高いカナダドルによる25年間の超長期の利益積算方法

www.world-sss.jp

証拠金は、25年間安定1システムにつき100万円

 

② 5すくみ「USAペンタゴン」による25年間の超長期の利益積算方法

www.world-sss.jp

証拠金は、25年間安定5すくみ7システム×両建て=14につき340万円

 

③ 4すくみ改:トラリピトレールによる3000pips安定な4すくみ+トレール利益確保法

www.world-sss.jp

証拠金は、10年間安定4すくみ4システム×両建て=8につき160万円

 

合計で100+340+160=600万円/1+14+8=23システム 1システム=26万円分の証拠金が入っています。4すくみは20万円1システムなので、より安定でゆっくりと利益が出ると思います。

 

特に①カナダはゆっくーりと動きますので、大きなトレンドが出ないと大して動きが出ません。そのため②5すくみと③4すくみ の動きに対応する形で、現在は350万円で運用しています。これで350万円/23システム=15万円/1システムとなり、4すくみ運用であれば、2500pips耐えられる証拠金を入れてある状態です。実際には5すくみ以上の新規幅ですので、より安定ですが。

 

証拠金は十分です。

 

今週の結果は、合計年利換算1.3%でした。値動きほぼなし。

マネースクエア③の4すくみを始め、利益が出続けています②の5すくみも雄大に利益を稼いでいます、①のカナダドル円は今だ雄大に寝ています、新規約定もない。

 

・③の4すくみは両建てでリスク多めに取り、10年ほどの構えで果敢に攻めています。

・②の5すくみと①のカナダドルは悠然と25年間構えています。

 

こんな布陣ですので、決済約定は、③の4すくみで1回、②の5すくみトレール決済約定が0回でした。

 

新規約定は少し入りましたね。マネースクエアトラリピは、動いています。

 

各システムの結果は以下です。

 

【結果】

・スワップ(プラスもマイナスも)を含んだ利益は868円でした。868円×365日÷7日/345万円(=23*15万円 2500pips耐えれる部分)=1.3%です。

・トレールの全体の利益に対する割合は、0円/868円=0%です。

f:id:SSS_world:20190119055321p:plain

 

【考察】

・年利はほぼなし。ボラティリティがうまく値幅をとらえられなかった。

・このトラリピの張り方の幅では動きがない。

・トレールは発生せず

 

年利は1.3%。ちょこちょことは上下していますが、トラリピの雄大な張り方ですと動きが弱かったです。

 

年利に加えてポイントが付きます。ポイントでふるさと納税のごとく、いろいろ商品をもらうことが出来ます。実質の年利は、おいしいお肉やそのた商品を受け取ることでまた数%上がります。いろいろ考えると、スプレッドやスワップが低いのも、十分補っている気がします。

 

 

トレールによる利益も出ています。トレンドが来ると一気に上がります。

マネースクエアはトレールシステムが使えます。

 

②、③の5すくみ、4すくみともに今週はトレールが極めてよく走っています。

 

トレールシステムを実装しているとトレンド時に素晴らしく強い状態が出来ます。このシステムがあるので、トレンドがくると年利が跳ね上がります。リスクが少ないまま、年利が跳ね上がるのはかなり良い状況です。暴落や暴騰のトレンドにうまくついていけます。

 

マネースクエアは他の会社よりスプレッドが数ポイント悪いですが、そのスプレッド分を決済幅より3銭とか差し引いて、決済頻度を同等にしたら、利益が10%も伸びたら余裕で勝ちますね。トレンドの暴落、暴騰時に威力を発揮します。今週はトレールでは利益がはっせいしませんでしたが。

 

このトレールトラリピの「すくみ」システムはやはり素晴らしいです。

来週以降も順次検証データを追加していきます。利益がどんどん積みあがるのが、毎週楽しみです。もっと仕掛けます。こちら相当うまく動いているので、追加を考え始めました。いろいろな方法を検証しているので、入金が追いつきませんが頑張ります。

 

4すくみや5すくみ+トレールと色々できるマネースクエアはこちら。

マネースクエア  

 

 

 

 

 

今日のドルリラ円 (1/18)

更新したところのみ太字にしてます。

今日は、
リラ円が20.3ほど。
ドル円が109.2ほど。
ドルリラが5.33ほど。
前日に比べてリラ=ドル>円です。

 

ドル円は数年後の中長期の円安方向は変えません。114、117、120を目指す。

ドル円は112円程度まで円安方向かもしれません。まだまだ三角保ち合いのなかですね。どの程度保ち合いが続くかを確認していく必要があります。

 

ドルリラは5.33です。

ドルリラの月足を見るとまさかの4.0切りが見えてきます。5.15あたりを下に抜けるとありえそうですね。安定しています。ここから4.0切りはありえそうです。

 

リラ円は20.3

ドルリラが4.0でドル円が110ならリラ円は27.5ですね。ドル円が落ちそうなのでそこまではいかないかもしれませんが、25円を超えてきそうです。リラ今年は安定してます。円、ドル両方が安くなるのもあり得ます。そのときリラ円は跳ね上がるのでしょう。27円まじでいくのではないかとおもっています。まさかの27円は十分にありえる。

 

◼️今日のおすすめ過去記事
ブログも800本と蓄積して来ましたので、過去の良記事を淡々と貼っておくことにします。

 

不労所得この甘美な響きは可能です。ループイフダンをちゃんと使えばできますね。

【保存版】不労所得で人生を豊かにする:30年間極めて無理のない範囲でループイフダンの継続性を保ち、幸せな人生を過ごす方法 - SSSの世界観 FX、株、不動産、消費の仕方

 

************************************
この情報は個人の主観を含みます。
投資判断は自己責任でお願いします。

今日のドルリラ円 (1/17)

更新したところのみ太字にしてます。

今日は、
リラ円が20.3ほど。
ドル円が109.0ほど。
ドルリラが5.33ほど。
前日に比べてリラ>ドル>円です。

 

ドル円は数年後の中長期の円安方向は変えません。114、117、120を目指す。

この後の動きですね。ここでどう動くか。108.5ですが、107.5を下に抜ければ大幅な円高も考えられますね。保ち合いが長く、上に抜ければ抜けたで円安もあり得ますね。まだ三角保ち合いは大したエネルギーは溜まっていませんが。三角保ち合いです。エネルギー蓄積中。今後の英国離脱、ポンド次第ではあります。ボラが上がり自動売買の利益タイミングです。予測通りボラが上がってきました。またポンドの上下は予測が困難と思いましたが、やはり困難です。ここはボラティリティのみ予測して、自動売買で稼ぐときでしょう。まだ上下の動きが見極められませんが、なんとなく円安方向に向いてきている気がします。円対ドルは円安ですが、円対ユーロがユーロ高になるとは思えにくいので、ユーロ円はヘッジの売りを持っています。ユーロドルは落ちそうですね。

 

ドルリラは5.33です。

ドルリラの月足を見るとまさかの4.0切りが見えてきます。5.15あたりを下に抜けるとありえそうですね。抜けてこれば、リラ固いと思います。ここから下抜けを狙うには何がエネルギーがいりそうですが、どうでしょうか。こちらもエネルギー蓄積中ですね。さてここからです。飛び抜けた方についていきます。こちらも耐えています。エルドアン大統領がアメリカとディール完了し、トルコリラは上がっています。また石油価格が下がっているのもリラにプラスです。やはりリラ上がってきました。このまま5.15を下に抜けると、予測したまさかの4.0です。これ当てたら気持ちいいですね。リラ買いの時期です。

 

リラ円は20.3

ドルリラが4.0でドル円が110ならリラ円は27.5ですね。ドル円が落ちそうなのでそこまではいかないかもしれませんが、25円を超えてきそうです。リラ今年は安定してます。円、ドル両方が安くなるのもあり得ます。そのときリラ円は跳ね上がるのでしょう。今後は英国離脱ポンド円の動きにより左右されそうです。また必ずと言っていいほど、エルドアン大統領が何かをします。売りも仕掛ける、2すくみの自動売買が効きそうです。エルドアン大統領はリラ安を嫌っていますね。リラ安が政権の不安定化に直結することを理解しています。これはリラは下がりにくいと思います。ここからのリラは見ものですね。やはりリラ円もがっつり上がってきました。リラ買いの季節です。8月の大幅ダウンはなんだったのかと思いますね。とりあえず買いです。

 

◼️今日のおすすめ過去記事
ブログも800本と蓄積して来ましたので、過去の良記事を淡々と貼っておくことにします。

 

最強の手法クラスに位置する『すくみバーガー』の完成です。すくみバーガーは上下末端でで大きな逆張りを仕掛けますが、それまでにシコタマ稼いでから逆張りを仕掛けますので、かなりの確率でロスカットはされにくいと思います。途中を両建てしているので利益が間違いなく出ていますし、反発も利益化していきます。その利益で逆張りを耐えきり、一番先っぽで永久のポジを両建てで持つことで、大きな利益確定とすくみの安定化に寄与させます。すくみバーガーの張り方を追加で記載しています。4すくみオセアニアはかなりいい手法ですし、ここにバーガーで上下のポジションを持てれば相当に儲かるのではないでしょうか。年利100%とかも夢ではなくなります。一度上下でポジションを持つ経験をされると自信と度胸がつくと思いますね。成功体験もつめると思います。

【最強手法クラス:すくみバーガー】ループイフダンの3・4・5すくみをトラリピハーフ&ハーフで挟みます。外側は決済せず持ち続けるので利益激増です。 - SSSの世界観 FX、株、不動産、消費の仕方

 

************************************
この情報は個人の主観を含みます。
投資判断は自己責任でお願いします。

今日のドルリラ円 (1/16)

更新したところのみ太字にしてます。

今日は、
リラ円が19.9ほど。
ドル円が108.6ほど。
ドルリラが5.43ほど。
前日に比べてドル=リラ>円です。

 

ドル円は数年後の中長期の円安方向は変えません。114、117、120を目指す。

この後の動きですね。ここでどう動くか。108.5ですが、107.5を下に抜ければ大幅な円高も考えられますね。保ち合いが長く、上に抜ければ抜けたで円安もあり得ますね。まだ三角保ち合いは大したエネルギーは溜まっていませんが。三角保ち合いです。エネルギー蓄積中。今後の英国離脱、ポンド次第ではあります。ボラが上がり自動売買の利益タイミングです。予測通りボラが上がってきました。またポンドの上下は予測が困難と思いましたが、やはり困難です。ここはボラティリティのみ予測して、自動売買で稼ぐときでしょう。

 

ドルリラは5.43です。

ドルリラの月足を見るとまさかの4.0切りが見えてきます。5.15あたりを下に抜けるとありえそうですね。抜けてこれば、リラ固いと思います。ここから下抜けを狙うには何がエネルギーがいりそうですが、どうでしょうか。こちらもエネルギー蓄積中ですね。さてここからです。飛び抜けた方についていきます。こちらも耐えています。エルドアン大統領がアメリカとディール完了し、トルコリラは上がっています。また石油価格が下がっているのもリラにプラスです。

 

リラ円は19.9

ドルリラが4.0でドル円が110ならリラ円は27.5ですね。ドル円が落ちそうなのでそこまではいかないかもしれませんが、25円を超えてきそうです。リラ今年は安定してます。円、ドル両方が安くなるのもあり得ます。そのときリラ円は跳ね上がるのでしょう。今後は英国離脱ポンド円の動きにより左右されそうです。また必ずと言っていいほど、エルドアン大統領が何かをします。売りも仕掛ける、2すくみの自動売買が効きそうです。エルドアン大統領はリラ安を嫌っていますね。リラ安が政権の不安定化に直結することを理解しています。これはリラは下がりにくいと思います。ここからのリラは見ものですね。

 

◼️今日のおすすめ過去記事
ブログも800本と蓄積して来ましたので、過去の良記事を淡々と貼っておくことにします。

 

最強の手法クラスに位置する『すくみバーガー』の完成です。すくみバーガーは上下末端でで大きな逆張りを仕掛けますが、それまでにシコタマ稼いでから逆張りを仕掛けますので、かなりの確率でロスカットはされにくいと思います。途中を両建てしているので利益が間違いなく出ていますし、反発も利益化していきます。その利益で逆張りを耐えきり、一番先っぽで永久のポジを両建てで持つことで、大きな利益確定とすくみの安定化に寄与させます。6時間前に生まれた手法です。

【最強手法クラス:すくみバーガー】ループイフダンの3・4・5すくみをトラリピハーフ&ハーフで挟みます。外側は決済せず持ち続けるので利益激増です。 - SSSの世界観 FX、株、不動産、消費の仕方

 

************************************
この情報は個人の主観を含みます。
投資判断は自己責任でお願いします。

【最強手法クラス:すくみバーガー】ループイフダンの3・4・5すくみをトラリピハーフ&ハーフで挟みます。外側は決済せず持ち続けるので利益激増です。

目次:

 

信用の重しががっつりとのった、2つの先進国通貨はまあレンジですね。

ドルと円とユーロを再度ずーっと眺めていたら思ったのですが、やはり20年など長期にわたってレンジですね。信用という質量をもっている先進国通貨ペア同士ならば、相当の長期でレンジが続くのもうなずけます。

 

引力に関して書いた記事はこちら。

www.world-sss.jp

 

ということは、レンジの上端や下端は、含み損を頭の片隅に考えつつも、逆張りでいい気がしてきました。引力で再度引き戻されています。

 

また、内部はチャートが何度も何度も通っております。チャートが逆に行く際は常に内部を通ります。そりゃそうです。真ん中が一番動きが激しいところです。

 

ということはこんな感じで張るのはいかがでしょうか。

ひどい絵ですが、皆様に早く伝えたく、絵心は置いてきました。

 

f:id:SSS_world:20190115234230p:plain



 

f:id:SSS_world:20190115231624p:plain 

売りだけをトラリピのトラップトレードで仕掛ける。最も高値で売りきる

トラップトレードは一発で仕掛けられるので、面倒さが全くない。

 

 

f:id:SSS_world:20190115231752p:plain

3、4、5すくみを手数料が極めて安い、アイネット証券ループイフダンで仕掛ける。

手数料が安いので、しっかりと自動売買で両建てでリピートさせまくる。

www.world-sss.jp

 

www.world-sss.jp

 

 

f:id:SSS_world:20190115231841p:plain

買いだけをトラリピのトラップトレードで仕掛ける。

トラップトレードは一発で仕掛けられるので、面倒さが全くない。

 

f:id:SSS_world:20190115234345p:plain

 

ハンバーガーのようです。

 

3・4・5すくみをバンズで挟んだ「すくみバーガー」ですね。

「すくみバーガー」で10バガー達成も夢ではない。10倍になるということです。

 

これを仕掛けてしまえば、やることほぼ完了ではないでしょうか。

 

あえて、内部は完全両建てにした理由は、内部はよく動くためです。外側ではすべての通貨を安く仕入れ続ける。

引力でチャートがひかれあう内部こそアイネット証券ループイフダンの利益の稼ぎ時です。この内部での両建て利益を取りつつ、一番外側でマネースクエアトラップトレードで、ただポジションを超長期で作り続け、すべての通貨を安く買い、高く売り続けることで、その間の領域はすべて利益となります。

 

間にいる間は、利益が出続けるすくみになっていますので、レンジ最高。さらに外側にいるときは、果敢に高いものを売り始めますので、含み損が一過性に増えてはいきますが、そうはいっても、それまでにレンジ内で稼いできた利益である程度は、耐えられると思います。

 

外側で一度耐えきってしまえば、こちらのものです。

また逆のトレンドができれば、例えば上から下に向かう際には、下で手ぐすね引いてマネースクエアトラップトレードが買いで待っています。

 

これで、内部も、外側でも儲かります。一度外側に仕掛けられてしまったら、内部はかなり安定するので、内部のアイネット証券ループイフダンをがっつり増やすもよしです。

 

国境警備隊の劇的なレベルアップ!最弱のくそポジの外側に、最強含み益ポジを置き、最強国境警備隊に変化させます。

クソポジさん=英雄に守られる話はこちらに詳しく書きました。

www.world-sss.jp

 

国境警備のためのくそポジさんの外側に、完全な利益になる最強逆境警備隊を配置します

 

これは、含み損が一時的にぐーっと増え逆境になりますが、やはりレンジはレンジですので、かなり外側に配置して逆張りしておけば、問題なく時間とともにもとに戻るのではと思います。

 

暴落時に果敢に買いに向かう、人とは逆の動きをしますので、証拠金はたっぷりと張りましょう。レバレッジ1-2倍を推奨します。

 

マネースクエアトラリピのトラップトレードの逆境での仕掛け方の例は、

・ドル円なら80円から60円に買いをしかける感じでしょうか。売りは140円から160円にしかける。

・ユーロ円なら80円から100円に買いをしかけ、売りは150円から170円にしかける。

・ユーロドルなら0.8から1.0で買いをしかけ、1.4から1.6で売りを仕掛ける。

 

こんな感じでしょうか。

 

これらを使いこなすことにより、上で売り、下で買い、真ん中は手数料が極めて安いすくみでひたすら儲ける。こんな手法が完成します。

 

かなり面白い方法だと思います。

いくつか設定を追加して考えてみたいと思います。

 

すべての通貨を安く仕込み、その通貨たちは、すくみの関係になっており、すくみの関係で最も儲かるレンジの間は、最も手数料が安いアイネット証券ループイフダンでしっかりと利益を享受し、さらに、トラリピのトラップトレードであれば、一度刺さった後も、まあ簡単に張りなおせる。

 

最強手法であると思います。

あとは入金額と、利益額の最適化ですね。

 

最強手法すくみバーガーの仕掛け方:4すくみオセアニアが使いやすい

もっともレンジ幅が小さく、アイネット証券でもマネースクエアでも通貨ペアがあり、必要証拠金を抑えられ、できる限り多角形のすくみとしては、4すくみオセアニアがあります。

f:id:SSS_world:20181104074843p:plain

 

この手法ならば、25年間のレンジにおいても最大5500pipsで推移しており、余裕です。6000pipsの幅で設定してみましょう。

 

各通貨ペアの25年間の概算最大、最小値等は以下になります。

AUD/USD:最大1.10 最小0.65 平均0.875  差0.45 

AUD/JPY:最大110 最小55 平均82.5 差55

NZD/JPY:最大90 最小40 平均65 差50

NZD/USD:最大0.9 最小0.4 平均0.65 差0.5

 

すべて差は、5500pipsつまり、6000pipsで設定しておけば、問題なく推移します。

 

さて、6000pipsの張り方ですが、

f:id:SSS_world:20190117053655p:plain

こんな形をとってみます。

つまり、アイネット証券

・ループイフダンB100 (AUD/USD) 1000通貨単位 30ポジション分

・ループイフダンS100 (AUD/USD) 1000通貨単位 30ポジション分

・ループイフダンB100 (AUD/JPY) 1000通貨単位 30ポジション分

・ループイフダンS100 (AUD/JPY) 1000通貨単位 30ポジション分

・ループイフダンB100 (NZD/JPY) 1000通貨単位 30ポジション分

・ループイフダンS100 (NZD/JPY) 1000通貨単位 30ポジション分

・ループイフダンB100 (AUD/USD) 1000通貨単位 30ポジション分

・ループイフダンS100 (AUD/USD) 1000通貨単位 30ポジション分

 

を仕掛けます。

 

アイネット証券ループイフダン100銭づつのシステムは、1つ3000pipsまでしかけるのに約60万円かかります。4000pipsまで耐えられるようにすると、約100万円かかります。

 

すくみは1/3しか負けないので、3000pipsまでで20万円。

4000pipsまでで33万円となります。

 

8つしかけて、4000pipsまで耐えられるようにすると、33万×8=264万円となり、250万円ほどあれば、途中の利益も含めて耐えられると思います。

 

3000pipsまで動く分には、20万円×8=160万円ですので、最初のループイフダン分は、160万円入金しておいて、あとで、100万円ほど足してもいいですね。

30円動くには相当な時間がかかります。速くて数か月遅くて5年くらい。

 

両建ての逆張りになるように、上に行くにつれて売り、下に行くにつれて買いが増える形にしております。

 

アイネット証券ループイフダンは、それぞれ、平均値から1000pips上下に動いた時点で上下のループイフダンはストップする形を採用しました。

 

マネースクエアトラリピで、完全4すくみ部分を作ると止める手間が省けて当然いいのですが、手数料が極めて安いアイネット証券ループイフダンを採用しています。

 

つまり、買いのループイフダンは、途中で利益が完全に出たら、より上は追わずに止める。売りのループイフダンは、より下は追わずに止める。このような形です。

(面倒な私はたぶんループイフダンもあまり止めずにおきます。積算利益で十分。ものすごい上下に出たら止めますが。)

f:id:SSS_world:20180601021045p:plain

 

ここの上下に、さらにマネースクエアトラリピトラップトレードを張ります。

トラップトレードは、ただ指値を下や上に新規で張っていく形です。

一気に張れるので面倒でない点がトラリピの素晴らしさです。

 

そして決済しない!上下に安く仕込んだ通貨ペアの含み益を笑っているのみ。

一度両方がトラップトレードされましたら、再度仕掛けます。

 

・トラリピトラップトレード AUD/USD 新規・買・指値・スタート価格0.55 トラップ本数10本 トラップ値幅 0.01ドル

・トラリピトラップトレード AUD/USD 新規・売・指値・スタート価格1.0 トラップ本数10本 トラップ値幅 0.01ドル

・トラリピトラップトレード AUD/JPY 新規・買・指値・スタート価格65.0 トラップ本数10本 トラップ値幅 1.00円

・トラリピトラップトレード AUD/JPY 新規・売・指値・スタート価格100.0 トラップ本数10本 トラップ値幅 1.00円

・トラリピトラップトレード NZD/JPY 新規・買・指値・スタート価格50.0 トラップ本数10本 トラップ値幅 1.00円

・トラリピトラップトレード NZD/JPY 新規・売・指値・スタート価格80.0 トラップ本数10本 トラップ値幅 1.00円

・トラリピトラップトレード NZD/USD 新規・買・指値・スタート価格0.50 トラップ本数10本 トラップ値幅 0.01ドル

・トラリピトラップトレード NZD/USD 新規・売・指値・スタート価格0.80 トラップ本数10本 トラップ値幅 0.01ドル

 

証拠金は、のトラリピに1000pips動いた際の証拠金必要額を入れるだけですので、1つにつき約10万円です。

 

同時にすべての通貨ペアが損をするわけでなく、すくみは1/3が勝ち、1/3があいこ、1/3が負けとなっており、1/3のみケアをすればいいので、3.3万円となります。

 

3.3万円×8つ分で26.4万円となります。

 

つまり、264万円+26.4万円=約300万円あれば、仕掛けることができる手法です。

 

これであれば、25年の長期にわたり耐え続け、端で各通貨を最も安く仕入れ、その通貨は一度も売らずに、常に持って置き、資産の分散化が可能となります。

 

人生で、マネースクエアトラリピで仕掛けて、端っこの超安値で買った外貨や円は資産として持ち続け、さらに内部では、手数料が自動売買中最強のアイネット証券のループイフダンでひたすら利益を上げ続ける。

 

この手法は少しケアの手間がかかりますが、相当儲かると思います。

皆様の爆益を記念いたします。

 

手数料が最安のアイネット証券ループイフダンはこちら

 

4すくみや5すくみ+トレール、トラップトレードまでできるマネースクエアはこちら。

マネースクエア  

今日のドルリラ円 (1/15)

更新したところのみ太字にしてます。

今日は、
リラ円が19.8ほど。
ドル円が108.1ほど。
ドルリラが5.43ほど。
前日に比べてリラ>円>ドルです。

 

ドル円は数年後の中長期の円安方向は変えません。114、117、120を目指す。

この後の動きですね。ここでどう動くか。108.5ですが、107.5を下に抜ければ大幅な円高も考えられますね。保ち合いが長く、上に抜ければ抜けたで円安もあり得ますね。まだ三角保ち合いは大したエネルギーは溜まっていませんが。三角保ち合いです。エネルギー蓄積中。今後の英国離脱、ポンド次第ではあります。ボラが上がり自動売買の利益タイミングです。

 

ドルリラは5.43です。

ドルリラの月足を見るとまさかの4.0切りが見えてきます。5.15あたりを下に抜けるとありえそうですね。抜けてこれば、リラ固いと思います。ここから下抜けを狙うには何がエネルギーがいりそうですが、どうでしょうか。こちらもエネルギー蓄積中ですね。さてここからです。飛び抜けた方についていきます。

 

リラ円は19.8

ドルリラが4.0でドル円が110ならリラ円は27.5ですね。ドル円が落ちそうなのでそこまではいかないかもしれませんが、25円を超えてきそうです。リラ今年は安定してます。円、ドル両方が安くなるのもあり得ます。そのときリラ円は跳ね上がるのでしょう。今後は英国離脱ポンド円の動きにより左右されそうです。また必ずと言っていいほど、エルドアン大統領が何かをします。売りも仕掛ける、2すくみの自動売買が効きそうです。

 

◼️今日のおすすめ過去記事
ブログも800本と蓄積して来ましたので、過去の良記事を淡々と貼っておくことにします。

 

またボラが跳ね上がりそうですので、取引所ヘッジとして、株価指数も売れるひまわり証券です。

【取引所ヘッジ】下落時に何度もある大きな戻りと再度の下落。ボラティリティが上がります。ひまわり証券追加しておきます。 - SSSの世界観 FX、株、不動産、消費の仕方

 

************************************
この情報は個人の主観を含みます。
投資判断は自己責任でお願いします。

【初心者お試しにしては良い】25万円で始めるループイフダン

これ結構いいと思います。初心者向けですし、追加向けです。

アイネット証券にあるAUD/NZDのループイフダンは、現在安値付近なので、

f:id:SSS_world:20190114144419j:image

 

買いで持てば、かなり安定して利益が上がりそうな気がします。2008年から安値は1.05くらいなので、ドル円なら80円くらいにいますね。

 

ここから2000pips下がっても25万円の証拠金で大丈夫です。

証拠金を見てみると、

1000通貨ずつ、アイネット証券のループイフダンB100 (AUD/NZD)を最大20ポジション

 

をとったとしても、25万円弱でできます。

 

f:id:SSS_world:20190114145408j:image

アイネット証券ホームページ引用

 

これは硬い。2000pipsならドル円なら80円から60円程まで耐えられる感じですね。かなり安定していると思います。

 

ループイフダンも対円以外の通貨ペアが充実してきました。

アイネット証券ループイフダンのAUD/NZDはレンジがつづいている通貨ペアです。

 

ちょうどAUDやNZDは重さが一定で、レンジがすこぶる長い間続いています。

【多段階すくみ】3→4→5すくみで得たいものはボラティリティの平均化です。年利20%の複利運用を仕上げるためには常に暴落や暴騰をなくし、淡々とした平均の値動きが欲しいのです。 - SSSの世界観 FX、株、不動産、消費の仕方

 

これなら素晴らしいループイフダンの日々ができます。

 

25万円で始めるAUD/NZDループイフダン。今ならかなり下から、安定的な状態から始まります。

 

最初10万円入れてそのあと5万円ずつ3回追加でも大丈夫です。かなり安定的に年利10%-20%を目指しましょう。

 

アイネット証券のループイフダンはこちら

アイネットFX 

 

今日のドルリラ円 (1/14)

更新したところのみ太字にしてます。

今日は、
リラ円が19.7ほど。
ドル円が108.4ほど。
ドルリラが5.45ほど。
前日に比べてドル=円>リラです。

 

ドル円は数年後の中長期の円安方向は変えません。114、117、120を目指す。

この後の動きですね。ここでどう動くか。108.5ですが、107.5を下に抜ければ大幅な円高も考えられますね。保ち合いが長く、上に抜ければ抜けたで円安もあり得ますね。まだ三角保ち合いは大したエネルギーは溜まっていませんが。

 

ドルリラは5.45です。

ドルリラの月足を見るとまさかの4.0切りが見えてきます。5.15あたりを下に抜けるとありえそうですね。抜けてこれば、リラ固いと思います。ここから下抜けを狙うには何がエネルギーがいりそうですが、どうでしょうか。

 

リラ円は19.7

ドルリラが4.0でドル円が110ならリラ円は27.5ですね。ドル円が落ちそうなのでそこまではいかないかもしれませんが、25円を超えてきそうです。リラ今年は安定してます。円、ドル両方が安くなるのもあり得ます。そのときリラ円は跳ね上がるのでしょう。

 

◼️今日のおすすめ過去記事
ブログも800本と蓄積して来ましたので、過去の良記事を淡々と貼っておくことにします。

 

今日もこちら。リラが固いということは景気の最終局面ですね。リラは中長期では上がるとふんでいますし、国力は強いし。ただしリラが上がるということは投資妙味が出ているので。他のアセットが投資しにくくなっているのと同じです。株はそのうち大きく落ちそうです。

FXトルコリラ 円(TRY/JPY) 中長期見通し - SSSの世界観 FX、株、不動産、消費の仕方

 

************************************
この情報は個人の主観を含みます。
投資判断は自己責任でお願いします。

【多段階すくみ】3→4→5すくみで得たいものはボラティリティの平均化です。年利20%の複利運用を仕上げるためには常に暴落や暴騰をなくし、淡々とした平均の値動きが欲しいのです。

目次:

 

cisさんの投資本をインプットしてから思考が活発化しています。

昨日わくわくしながらcisさんの本を読ませていただき、

その本から得られた示唆はまた新しい示唆を生んでいます。

www.world-sss.jp

 

インプットが変化しないとアウトプットが変化しないということは、よくわかっているのですが、これまで以上にインプットの変化でアウトプットが変化したと感じました。

 

やはり本はいいですね。これまで読んだ中でよかった投資本はこちら。

インプットを変化させましょう。

www.world-sss.jp

 

国同士の価値・重み・質量から引力の引き合いが発生し、通貨価値も波を描きます。

今回得られた示唆は、重い価値あるものが引き合うと、レンジができるという点です。

 

太陽と地球は引力で引き合って、回っています。

少し離れると冬。少し近づくと夏。温度のチャートが描けます。

 

地球と月は引力で引き合って、回っています。それも超長期の間です。

海の波は月との距離のはず。波=チャートが描けます。

 

 

ということは、

2つの価値ある重いもので、できる限り大きな時間軸で、

その影響が変わらないものを探し出せば、すくみができます。

 

年利20%で利益が出る。すくみ投資はこちら。4すくみ。

www.world-sss.jp

 

年利20%の5すくみはこちら。

www.world-sss.jp

 

通貨はそのまま通貨として売り買いできますので、ボラティリティからお金ができます。あとはボラティリティを安定化させるのみ。

二つの大きな価値・重しで、引力ができ、一つの波チャートができます。

 

この波は片方ともう片方が安定していると、極めて長い間同じようなレンジを描きます。安定してないと片方に引き寄せられていきます。

 

このため、安定したものが多くあれば、よりがっちりと安定します

 

f:id:SSS_world:20190113083518p:plain

 

f:id:SSS_world:20180915064045p:plain

 

f:id:SSS_world:20181104074737p:plain

f:id:SSS_world:20181104074843p:plain

f:id:SSS_world:20181221051622p:plain

ということで、たくさんの安定した重しを角として多角形を作っていきたいです。

最後は真円。アイネット証券では、ループイフダンを駆使することで、すでに上記のすくみ投資はすべて可能です。

 

こうなっていくと、値動きは平均化され、

円独歩高などの一つの通貨が大きく価値が上がったとしても、

その他の通貨がそれほど動きませんので、一気にお金が必要になることが減ります。

証拠金維持率を安定化できます。

 

証拠金はいろいろな方法で得ることができます。

給与所得などが入っていれば、いつか補充できます。

時間を稼ぐことができれば勝ちです。

 

年利20%で安定しつつ、年利100%の時と-40%の時がないように、常に平均して年利20%となるように利益を出し続けることができれば、本当の複利投資の完成です。

 

複利投資は多段階すくみとその平均化で可能です。

 

複利投資こそ最終目標。これができれば、もう消費は余裕です。

www.world-sss.jp

www.world-sss.jp

 

なぜならすでに、我々は、太陽と地球、地球と月などのように、チャート=波 温度、波力、風力などを使って適応して、そのエネルギーで何百万年も生かされているからです。

 

人類が生かされる大きなエネルギーのすくみまで作りこまなくとも、人生100年程度を生かしてもらえるすくみを見出し、作りこむことで、間違いなく人生に必要なエネルギー=お金は取得できると思います。

 

重しを持つ価値を見つけ、多段階すくみに入れていくこと。

これが次の観点かもしれません。

 

5すくみが完全に張れるループイフダンはこちら

 

 

4すくみや5すくみ+トレールと色々できるマネースクエアはこちら。

マネースクエア  

 

 

 

 

 

 

【読書感想文】cisさんの本で株で勝つ理由がよくわかりました。同時に為替で勝つ理由もつかめました。国>人>会社の寿命が原因か。

目次

 

cisさんの書かれた本を読破しました。

こちらの本ですね。

一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学 cis

書籍:

電子書籍:

 

勝っている人のいうことなので、ひたすら腑に落ちる。

文章が臓腑に染み渡る印象でした。

ものの1時間もかからず読み終わってしまいました。

 

また投資をやっている人なら、その実行がいかに困難かもよくわかる。

でも実行したいと思いますね。この本を読むと。

 

ぜひ読んでください。

ネタバレになってしまいますが、以下に私の感想文を。

 

私なりに、つかんだ本書に書いてある要点。いろいろありますが。

・順張りせよ

・仮説を持て

・優位性を維持せよ

・ゲームと割り切れ

・相場を動かすな、謙虚に対応せよ

 

でした。

特に気になった個所として、

 

株がゼロサムではなく、市場が増えていくと一般では考えられているが、通貨との価値の移転である点=つまり株と通貨価値のゼロサム化が起きる

 

が面白かったです。これは私の文章なので、私の考え方において発していますが本の中で上記のようなことをおっしゃっていました。

 

私も、価値の移転が記録されたときに通貨に価値が出ると考えています。

 

経済規模は発展し続けるので、市場はどんどん大きくなる。この時に一方でインフレ、つまり相対的にお金の価値が減じると思います。

 

でもお金とモノ(株も含む)とお金とお金だと、価値の減じ方が変わると思います。

お金とお金を扱うFXは経済規模が増えても、価値はレンジの間で移動するほうが多いと思います。

 

株は順張りにならないといけないのは、ゼロサムゲームを通貨とやっているためです。

つまり、いい株に対しては、通貨価値が落ちる可能性が高く、株価が上がり続けることがあるためです。株は順張りがいいでしょう。

 

株は会社です。栄枯盛衰は激しいです。一方、為替は国対国です。

為替つまり国の信用も栄枯盛衰は激しいですが、比較的会社よりも長い時間軸で栄枯盛衰が起きています。50年~400年くらいです。

 

国の寿命>人の寿命≧会社の寿命

平均値をとるとこんな感じですかね。

 

このため、信用の高い、国力の高い国対国の為替が作られると、そのレンジの状態は太陽と地球、地球と月のように、大きな引力同士が、ひかれあい、常に同じようなチャートを作り上げることとなります。

 

太陽は毎日上りますし、季節も来ます。

アメリカと日本はなんだかんだで、毎日取引していますし、

いい時も悪い時もあります。

 

株は、通貨とゼロサムですし、株は栄枯盛衰が人の人生より激しいので、上がる株を買い、下がる株を売り続けることで利益が最大化します。

 

アップルは20年前は時価総額は大したことはありませんでした。速い。

楽天とか、ZOZOとか30年前にはなかったです。人の寿命より栄枯盛衰が速い。

 

為替=つまり国と国の関係は長いです。まだまだループします。

 

ループイフダンやトラリピを使い、レンジである為替で5すくみを行っている。ここに優位性があります。

アイネット証券のループイフダンの5すくみは素晴らしい手法だと思っているのは、

ずっと続けられる利益創出装置だからだと思います。

 

アイネット証券のループイフダンの5すくみはこちら。

www.world-sss.jp

 

マネースクエアトラリピを使いこなした、5すくみ「USAペンタゴン」による25年間の超長期の利益積算方法

www.world-sss.jp

 

cisさんの要点をアイネット証券のループイフダンやマネースクエアのトラリピ5すくみにおいて考えると、

・順張りせよ:株ではなく国力対国力でレンジをへたすると400年描き続ける、

       為替で取引を行い、順張りは、もししなくても、まあ何とかなる。

       順張りしたほうがよりいいと思い、円高ロケットなどは作っています

 

・仮説を持て:すごいいろいろcisさんは考えていますが、

       5すくみはすくみがレンジに合うという仮説です。

 

・優位性を維持せよ:為替のレンジ内では勝てます。トレンドが続くと負けますが、

          為替は回帰性が高いです。

 

・ゲームと割り切れ:ほぼゲームです。というか裁量はなく、基本寝ています。

 

・相場を動かすな、謙虚に対応せよ:謙虚です。相場にひたすら対応したくて、上も下も横でも儲かるようにすくみが生まれました。相場様に任せています。

 

ということでcis本での要点もつかんでいました。

 

cisさんは素晴らしい投資家です。等身大で書かれたことが、すべて事実をもとにしており、具体的な例が入ってくるので、しみこみますね。

 

私も今後も為替と付き合い続け、いろいろな経験をすると思います。

cisさんの言葉をお借りすると、

 

相場は、最新かつ最先端の学問であり、経済活動でもある

最先端だから未来が予測できない。

究極に近い不完全情報ゲーム

 

こんなゲームをやり続けられるのは本当に楽しいです。

様々な経験をもとに、得られた知見を発信し続けていきたいと思います。

cis本最高でした。ご執筆ありがとうございました。

 

5すくみが完全に張れるループイフダンはこちら

 

 

4すくみや5すくみ+トレールと色々できるマネースクエアはこちら。

マネースクエア  

 

 

【トラリピ4・5すくみ検証結果】1月2週の結果は、2500pips耐えられる設定で、年利換算29.2%でした。2000pipsで43.9%。トレールは19.4%。

目次:

 

結論から、

・2500pipsまで耐えられる設定で、年利29.2%換算でした。

・4すくみ、5すくみともトレールが極めて有効に効いています。

・カナダドルは寝ています。起きたらまた年利が上がります。

f:id:SSS_world:20190112061600p:plain


 

マネースクエア のトラリピを3つの方法で仕掛けています。

マネースクエアのトラリピを使って、3つの方法で仕掛けをしてあります。

 

①スワップの高いカナダドルによる25年間の超長期の利益積算方法

www.world-sss.jp

証拠金は、25年間安定1システムにつき100万円

 

② 5すくみ「USAペンタゴン」による25年間の超長期の利益積算方法

www.world-sss.jp

証拠金は、25年間安定5すくみ7システム×両建て=14につき340万円

 

③ 4すくみ改:トラリピトレールによる3000pips安定な4すくみ+トレール利益確保法

www.world-sss.jp

証拠金は、10年間安定4すくみ4システム×両建て=8につき160万円

 

合計で100+340+160=600万円/1+14+8=23システム 1システム=26万円分の証拠金が入っています。4すくみは20万円1システムなので、より安定でゆっくりと利益が出ると思います。

 

特に①カナダはゆっくーりと動きますので、大きなトレンドが出ないと大して動きが出ません。そのため②5すくみと③4すくみ の動きに対応する形で、現在は350万円で運用しています。これで350万円/23システム=15万円/1システムとなり、4すくみ運用であれば、2500pips耐えられる証拠金を入れてある状態です。実際には5すくみ以上の新規幅ですので、より安定ですが。

 

証拠金は十分です。

 

今週の結果は、合計年利換算29.2%でした。平和な値動きです。

マネースクエア③の4すくみを始め、利益が出続けています②の5すくみも雄大に利益を稼いでいます、①のカナダドル円は今だ雄大に寝ています、新規約定もない。

 

・③の4すくみは両建てでリスク多めに取り、10年ほどの構えで果敢に攻めています。

・②の5すくみと①のカナダドルは悠然と25年間構えています。

 

こんな布陣ですので、決済約定は、③の4すくみで7回、②の5すくみトレール決済約定が7回でした。

 

新規約定も飛ぶように入っています。マネースクエアトラリピは、しっかりと動いています。

 

各システムの結果は以下です。

 

【結果】

・スワップ(プラスもマイナスも)を含んだ利益は19349円でした。円×365日÷7日/345万円(=23*15万円 2500pips耐えれる部分)=29.2%です。

・トレールの全体の利益に対する割合は、3756円/19349円=19.4%です。

f:id:SSS_world:20190112061600p:plain

 

【考察】

・年利は十分。ボラティリティはある。

・値動きの絶対値、決済利益値幅が大きいのが効いている。

・トレールが効いており19%も利益が伸びている。

 

年利は29.2%稼いでいましたね。十分な値動きでした。

 

加えてポイントが付きます。ポイントでふるさと納税のごとく、いろいろ商品をもらうことが出来ます。実質の年利は、おいしいお肉やそのた商品を受け取ることでまた数%上がります。いろいろ考えると、スプレッドやスワップが低いのも、十分補っている気がします。

 

 

トレールによる利益も出ています。トレンドが来ると一気に上がります。

マネースクエアはトレールシステムが使えます。

 

②、③の5すくみ、4すくみともに今週はトレールが極めてよく走っています。

 

トレールシステムを実装しているとトレンド時に素晴らしく強い状態が出来ます。このシステムがあるので、トレンドがくると年利が跳ね上がります。リスクが少ないまま、年利が跳ね上がるのはかなり良い状況です。暴落や暴騰のトレンドにうまくついていけます。

 

マネースクエアは他の会社よりスプレッドが数ポイント悪いですが、そのスプレッド分を決済幅より3銭とか差し引いて、決済頻度を同等にしたら、利益が10%も伸びたら余裕で勝ちますね。トレンドの暴落、暴騰時に威力を発揮します。今週はトレールによる利益がしっかりと出ていました。

 

このトレールトラリピの「すくみ」システムはやはり素晴らしいです。

来週以降も順次検証データを追加していきます。利益がどんどん積みあがるのが、毎週楽しみです。もっと仕掛けます。こちら相当うまく動いているので、追加を考え始めました。

 

ここで一気に利益を上げるために追加予定ですね。

クリスマスでは、トルコリラの上下を追加仕掛けしました。

クリスマスプレゼント仕掛けです。

www.world-sss.jp

 

もう少し利益が乗ってきたところで、一気に5すくみUSAペンタゴンを追加予定です。

複利運用ができています。最高。

 

4すくみや5すくみ+トレールと色々できるマネースクエアはこちら。

マネースクエア