SSSの世界観 FX、株、不動産、消費の仕方

大変運が良いため人生楽しく過ごしています。変動と金利と消費効率の最大化が飯のタネ。主にトルコリラを両建てして波乗り中。システムトレード。あと子育て育休。ついでに注文住宅。加えて不動産投資と株。最後にハワイ。加えて仮想通貨とブロックチェーン。

【検証結果】ループイフダン4すくみ:1か月実施した結果 月利約1%でした。

ループイフダン4すくみを始めています。

アイネット証券のループイフダンは自動でFXを動かしてくれるシステムですが、年利25%くらいで儲かる実績があります。

 

www.world-sss.jp

 

現在4すくみという方法で、成果を上げようをしています。

この方法はユーロ、ドル、豪ドル、円の4つの通貨を

 

ユーロでドルを買い

ドルで豪ドルを買い

豪ドルで円を買い

円でユーロを買う

 

という4すくみの形で運用していきます。

 

じゃんけんと同じように、33%が勝ち、33%が負け、33%があいことなります。

こちらの記事にしっかり書いてあります。

 

www.world-sss.jp

 

証拠金は負けに設定すれば十分かもしれません。常に33%が勝ちますし、常に33%が負けます。設定した33%の分が常に含み損になっています。

つまり、負ける分は常に33%なので、設計した分の33%の証拠金で同じ効果が得られます。例えば本ブログでは、ループイフダンB100  (USD/JPY) 1システムあたり、30-60万円の証拠金をお勧めしていますが、この33%つまり10-20万円で一システムが回せるイメージです。

 

なぜなら、33%の勝ちシステムに20万、33%のあいこシステムに20万、33%の負けシステムに20万円入っていますので、同時に60万円の証拠金が拠出されています。

 

しかしながら、負けシステムは33%のみなので、このシステム分だけが含み損によりへりますので、60万円はこのシステムをケアすることに使われます。

 

そのため実質60万円入っているのと同義になります。

 

一方勝ちも33%です。そのため、あまり大きく儲かりませんね。

現在月利1%です。

 

つまり年利12%。

 

年利12%はいいか悪いか。私は十分かなと思いますが、普通のループイフダンなら年利20%程度は行きますので、少し遅めの雰囲気です。また私は両建てしていますので、間違いなくもっと儲かってもらわないといけません。

 

しかしながら、4月は値動きが一方的で、片回転の約定のみが続きました。

そのため、実質方方向で年利12%が出ています。また4月はこれら4通貨の値動きもそれほどない印象でした。

 

そのため、出だしとしてはほどほどのような印象です。

 

ちなみに含み損も1%程度増えましたが、これは同時に、両建てができています。リピートが繰り返されると解消していくはずです。

利益が1%あがり、含み損が1%減りますが、利益は確定、含み損は未確定ですので、反対に進めば、含み損は解消します。

 

このようにレンジの中に戻るまでを含めてループイフダン両建てシステムですので、レンジの中でうまく作用するのをまってから、年利●●%でもうかると論じていきたいと思います。

 

何はともあれ、今年度のいい検証材料ができました。このまま続けていきます。

 

年利25%!ループイフダンはこちら