SSSの世界観 FX、株、不動産、消費の仕方

大変運が良いため人生楽しく過ごしています。変動と金利と消費効率の最大化が飯のタネ。主にトルコリラを両建てして波乗り中。システムトレード。あと子育て育休。ついでに注文住宅。加えて不動産投資と株。最後にハワイ。加えて仮想通貨とブロックチェーン。

【保存版】4すくみ6通貨ペアぐるぐるの図示。

ループイフダンでぐるぐる回す方法を考えています。

以前記事にしたアイネット証券のループイフダンを使ったシステムは、4すくみで6通貨ペアでぐるぐるしていました。

www.world-sss.jp

 

この方法はこのような形になっています。

f:id:SSS_world:20180319143115p:plain

ドル円の両建て二つと、4すくみですね。

 

やはり6種類の通貨がないと完全には円にならず、今回だとドル円の動きが全体の2/3を占めますので、ドル円が一方に動くといびつになってきます。

 

そのため、より単純には4種類の通貨を使った4すくみでしょう。

f:id:SSS_world:20180319141137p:plain

ドルでユーロを買い、ユーロで円を買い、円で豪ドルを買い、豪ドルでドルを買う。これならお互いがお互いを完全に干渉しあうはず。

 

さらに強固にするとこんな感じです。

f:id:SSS_world:20180319141452p:plain

 

現時点でアイネット証券のループイフダンでできるMax両建て

f:id:SSS_world:20180319141530p:plain

アイネット証券ループイフダンの中には通貨ペアが、ドル円、ユーロドル、ユーロ円、豪ドル円、豪ドルドルはあるため、5か所の矢印が可能です。ドル円で両建てして三角形2つですね。

 

これの価値はお互いの通貨が影響しあうため、1つの通貨が暴落していても、他の通貨は上がっているので、理論的には破綻をかなりしにくい形になることです。

 

そのため、様々な場面でも含み損がある程度に抑えられつつ、常に利益確定約定が行われることで、安定的に利益蓄積がおきます。このリスク低減が素晴らしい手法だと思っています。

 

あとはユーロ豪ドルがあれば、完全な4すくみの完成です。

 

どちらにせよ、かなり分散しているので、安全な投資方法になり、負けにくいでしょう。

 

ドル円だけで年利20%は固いので、値動きがより大きなユーロ円、豪ドル円であれば、総推移は大きくなり、どの方法でも年利20%は固いと思います。

 

かなり安全で、年利20%が安定的に取れる投資となると思います。

 

年利20-40%で安定的な、4すくみや両建てができるループイフダンはこちら