SSSの世界観 FX、株、不動産、消費の仕方

大変運が良いため人生楽しく過ごしています。変動と金利と消費効率の最大化が飯のタネ。主にトルコリラを両建てして波乗り中。システムトレード。あと子育て育休。ついでに注文住宅。加えて不動産投資と株。最後にハワイ。加えて仮想通貨とブロックチェーン。

【保存版】年利20-40%でリスク少なく安定的に推移。4通貨 6通貨ペア4すくみのループイフダンの設計

目次:

 

6通貨ペア4すくみのループイフダンを開始予定です。

(編集追記:6すくみ→4すくみとしました。4つしか完全にお互いに同等の影響を及ぼす「すくみ」になっていません。)

4月以降に資金を捻出できそうですので、楽しくやってみますね。

 

アイネット証券のループイフダンに新通貨ペアができたのでくるくる回してみます。ループイフダンは年利10%-20%程度で儲かるシステムです。詳しくはこちらの記事をご確認ください。

【保存版】年利20%超えループイフダン: 2年間の約定量から再試算する。 - SSSの世界観 FX、株、不動産、消費の仕方

 

ループイフダンの自動売買を組み合わせた、4すくみの方法は、こんな感じです。

 

これ全てアイネット証券のループイフダンのシステムで出来ますので、

 

円⇄ドル⇄ユーロ⇄円⇄豪ドル⇄ドル⇄元の円

 

と回します。

 

スワップはこんな感じです。

円⇄ドル⇄ユーロ⇄円⇄豪ドル⇄ドル⇄元の円

と回します。幅が広い方が儲かるのでユーロは最大の120銭で回します。

 

右→回転

アイネット証券のループイフダンのシステム・スワップ

B100 (USD/JPY) ・+43

B100 (EUR/USD)・-70

S120 (EUR/JPY)・+12

B100 (AUD/JPY)・+35

S100 (AUD/USD)・-35

S100 (USD/JPY) ・-58

スワップ合計-73

 

左←の回転

S100 (USD/JPY) ・-58
S100 (EUR/USD)・+40
B120 (EUR/JPY)・-18
S100 (AUD/JPY)・-54
B100 (AUD/USD)・0
B100 (USD/JPY) ・+43
スワップ合計 -47

 

スワップでは左回転の方が得ですね。

 

必要資金はこのようになりました

f:id:SSS_world:20180318075744j:image

f:id:SSS_world:20180318075754j:image

f:id:SSS_world:20180318075809p:image

f:id:SSS_world:20180318075828j:image

f:id:SSS_world:20180318075843j:image

参照 アイネット証券HP

 

豪ドルドル  60.76

ユーロドル  66.65

豪ドル円     60.14

ドル円S      63.14

ドル円B      63.14

ユーロ円     56.16

(単位万円)

369.99万円あれば、3000ppsつまり、

30円幅まで上下動いてもオッケーですね。

370万準備してください。少しリスクを増やして約20円幅まで2000pppの上下幅で、動いてもいいとみるなら、半分の資金でいけます。185万ですね。

 

資金効率2倍。当然両建てしますよね。

多分この方法は両建てが一番いいとおもいます。

 

6カ所に配置された通貨が、既に相関しあって、30円のスカラーを持ったベクトルのような形で6角に対応します。(編集追記:4すくみにしたほうが完全に同様のリスクヘッジとなります。)

 

この6角がくさびとなり、各通貨が大きく走る際にも、勝ち負けあいこのような3すくみ状態ができますので、既に両建てのような形になっています。

 

さらに回転方向も両方にすることで、資金効率が2倍になるのは当然ですし、上の記事ドル円片道で年利10-20%出ていますので、まさかの年利20-40%!?スワップがマイナスなので17-35%くらいでしょうか。でも、資金効率半端ないです。

 

既に両建てなので、両建ての不利益、

つまり、範囲から出たら負けます。

 

どちらにせよ、範囲から出たら負けるならば、間違いなく、両建て、つまり、両方向に回転すべきかと思います。年利20%-40%が見えます。

 

価値はリスクが低減し、年利は同じくらいの20-40%

これは仮説ですが、総推移は不明ですが、20年間程は上下の値動き幅は同じ桁数で、動いています。つまり年利はドル円とおなじく片道で、10-20%ほどは出るのではないかと思います。

f:id:SSS_world:20180318090054j:imagef:id:SSS_world:20180318090145j:image

参照 ひまわり証券HP

 

このシステムは1つの通貨を持ち続けるのではなく、複数の通貨を相関し合うようにもつことで、

 

どれかが、勝っていても、どれかが負けており、どれかがあいこになっている安定的な状況をつくることで、

 

両建てでの取引をより安定的に行うことにあります。

 

負けなければ、積算利益で勝てます。

 

1つの通貨の両建てだけだと上下に吹っ飛ぶ可能性がありますが、4つの通貨がその値動きに相関し合うような両建ては、4つ全てが強くなることは理論的にありえません。(編集追記:この6角形ですとドル円が多く出てきますので、ドル円に引っ張られます。ただドル円も両建てしていますが。ドル円が片方に行った際に少し引っ張り強度があがるでしょう。)

 

そのため、1つの通貨で両建てから出たとしても、他の通貨は出ていない状況が出来上がるはずです。

 

ここにアイネット証券の自動売買システムループイフダンをくみあわせることで、全自動の価値掘削システムとなります。

 

負けが極端に減りつつも、年利は20-40%程度取れる。これは素晴らしいシステムの可能性があります。とりあえず動かして検証開始します。

 

年利20-40%で安定的な、6(編集追記4)すくみができるループイフダンはこちら

  

 

sss (@Hirowing_sigeki) | Twitter