SSSの世界観 FX、株、不動産、消費の仕方

大変運が良いため人生楽しく過ごしています。変動と金利と消費効率の最大化が飯のタネ。主にトルコリラを両建てして波乗り中。システムトレード。あと子育て育休。ついでに注文住宅。加えて不動産投資と株。最後にハワイ。加えて仮想通貨とブロックチェーン。

ひまわり証券のループイフダンは取引所ヘッジに最適です。

ループイフダンはアイネット証券の登録商標ですが、グループ会社のひまわり証券でも使用可能です。

ひまわり証券のループ・イフダンは、去年はスマホでのアプリがなかったりと使いにくい面もありましたが、今年はスマホアプリも出来、スプレッド もスワップもアイネット証券のものと遜色ないものが、提供されています。

 

ドル円、豪ドル円などをアイネット証券である程度仕掛けられた方なら、ひまわり証券も取引所リスクのヘッジに有効だと思います。

 

取引所リスクとは、取引所がサイバー攻撃やダウンした際に顕在化します。

例えば仮想通貨のコインチェック社のXEM強奪の時を思い出してください。

 

取引所から仮想通貨が、なくなり、日本円や仮想通貨の出金が止められました。

 

このため、仮想通貨は大幅にその価値が下落する痛手をおいました。やっと帰って来ましたが、大変でしたね。このような時に同時にほかの取引所を開いてあれば、その取引所で反対売買を行うことで、利益や損失をヘッジできます。動けなかった、つまり流動性リスクはそのまま大きな損に繋がりやすいです。

 

このような外部の悪意による攻撃をされた時は、まだ仕方がなく諦めもつきますが、よくあるのが、相場がスプレッド が大幅に開くリスクです。

 

このリスクは各社大きく差が出るため、その会社がどんな動きをするか見極めておく必要があります。アイネット証券のループイフダンは素晴らしく、またひまわり証券のループ・イフダンも素晴らしい成果を残しております。

 

そのため、攻撃性の取引所リスクを主に回避するには、ひまわり証券は、かなり有効で、両社を使いこなすと、固いループ・イフダンシステムが確立し、より不労所得としては、完成に近づくと思います。

 

ひまわり証券でも、ヘッジを行うことで、より一層安定した不労所得化に繋がります。複数サプライヤーからの購買こそ安定するものはありません。