SSSの世界観 FX、株、不動産、消費の仕方

大変運が良いため人生楽しく過ごしています。変動と金利と消費効率の最大化が飯のタネ。主にトルコリラを両建てして波乗り中。システムトレード。あと子育て育休。ついでに注文住宅。加えて不動産投資と株。最後にハワイ。加えて仮想通貨とブロックチェーン。

中央銀行に逆らうな

中央銀行は通貨の生みの親であり、通貨を司る番人です。

彼らがしたい方向に通貨は向かいやすく、その流れが各中央銀行で方向性が同じ方向を向いた場合かなり強いトレンドが生まれます。

 

今アメリカの中央銀行であるFRBは少なくとも利上げ。日本銀行はマイナス金利も辞さない低金利。さらには物価上昇、インフレ、通貨安を望んでいる。

 

 

押し目買いがうまく働く時間

日本が金利を上げにくく、アメリカは上げやすい、この金利差が出ている中で円高に一過的になったとしても、そのまま一気に円高に向かうようにはなりにくいと思われます。

 

このような時には、ループイフダンB100 (USD/JPY)の様なドル買いの繰り返し注文が力を発揮しやすいです。

 

 

ループイフダンは方向を間違えないこと

大きな流れさえ間違えなければ、途中の値動きは全て押し目買いになります。この大きな方向を捉えられることが重要です。

 

方向性がわかれば、B buyかS sell を選んであとは放っておけば、年利15-40%程度は稼げるはずです。

 

中央銀行の方向性を見極めること。これは1つの大きな指標となると思います 。 間違えることもありますけどね。

 

ループイフダンはこちら