SSSの世界観 FX、株、不動産、消費の仕方

大変運が良いため人生楽しく過ごしています。変動と金利と消費効率の最大化が飯のタネ。主にトルコリラを両建てして波乗り中。システムトレード。あと子育て育休。ついでに注文住宅。加えて不動産投資と株。最後にハワイ。加えて仮想通貨とブロックチェーン。

ドルとユーロと円のループイフダン

ドルとユーロと円は大きな3つの通貨です

この3つは経済規模が大きく、それほど無茶な値動きはあり得ません。何故なら誰一人として大きくコントロールするには巨大すぎるためです。

 

この3つは流動性が大変優れているため、スプレッドが小さく、コストが他の通貨に比べて大変安いです。

 

円に対してヘッジしやすいのがドル円買い、ユーロ円売りです

ドル円とユーロ円はどちらもだいたい同時に円高になりますし、円安になります。同時にどちらも同じ方向に動くことが多くあります。

 

しかし、スワップはドル円は買いの時につき、ユーロ円は売りの時に付きます。

 

逆にドル円売りの場合はスワップ支払いになり、ユーロ円買いの場合はスワップ支払いになります。

 

この差をうまく利用しましょう。

 

つまりドル円は買いでループイフダンを動かし、ユーロ円は売りでループイフダンを動かすと常にスワップはプラスであり、なおかつ、円高にも備えられます。

 

今なら高金利通貨の豪ドル円よりもドル円のほうがスワップが高い

これ結構すごいことですが、本日のループイフダンのドル円の買いの受け取りスワップは1万通貨あたり、36円と豪ドル円の30円より高いです。1.2倍ですね。証拠金は4500円と3400円で1.3倍ちょいなので、証拠金あたりは豪ドルですが、それにしても米ドルがここまでスワップが高いと有難いですね。

 

ほんとドル円でループイフダンしてるだけで、年利15-40%くらいすぐいきます。

 

こんな楽に儲けられる現代はほんと素晴らしい。ありがたい時代に生きています。不労所得が簡単にできますね。

 

ループイフダンはこちら