SSSの世界観 FX、株、不動産、消費の仕方

大変運が良いため人生楽しく過ごしています。変動と金利と消費効率の最大化が飯のタネ。主にトルコリラを両建てして波乗り中。システムトレード。あと子育て育休。ついでに注文住宅。加えて不動産投資と株。最後にハワイ。加えて仮想通貨とブロックチェーン。

ユーロ円とドル円の裁定取引

高金利通貨を買ってユーロ円を売ってドル円を買う

スワップは常にプラスです。ユーロ円が上がれば円高ヘッジ、ドル円が下がれば円安ヘッジになります。ようはユーロドルを売っている事になります。

 

高金利通貨を対円で買って円高を、ヘッジするためにはユーロを売っておくとそんなに悪くないスワップとなります。ただし、今日みたいにユーロドルが上がると損失が拡大します。

 

 

ループイフダンはこちらから

 

 

ユーロドルの回帰性

この通貨は世界の大きな二つの通貨なので、回帰性が半端なく高いです。そのためかなり広い範囲でループイフダンで仕掛けをかけておけば、まず負ける事はありません。ユーロドルでかけてもいいですし、ドル円とユーロ円の合成でもいいと思います。

 

最も怖いのは円高です

ユーロドルはなんらかの大きなリスクがあった時には有事のドル買いが起きます。また円も有事に買われます。そして、トルコリラなど高金利通貨は有事に売られます。

 

つまり有事には円が買われるのです。この点を注意するとユーロ円を売っておくのは、妥当な円高ヘッジになり得ます。

 

システムの量を調整する必要はありますが、ユーロ円を売っておく方法を取り入れられると幅が出ると思います。

 

相反しますが、直近はユーロドル買いです

しかしながら、直近はユーロドルは買いです、なぜなら、上に上がっているので、順張りするべきだからです。そのため、私は裁量取引で数万通貨ユーロドルを買い足しました。このあとループイフダン S120 (EUR/JPY)をかけます。この形ならば、上に上がった際に無理なく売りが利益を確定してくれます。

 

無理をしなければ問題なし

両建てになっているのですが、両建ては基本無理をしなければまず勝てます。資金管理をしっかりして、両建てすること。両建ての出口をみていることを前提にさまざまな両建てをしてみてください。ただし、ご無理はせずに。

 

ループイフダンはこちらから