SSSの世界観 FX、株、不動産、消費の仕方

大変運が良いため人生楽しく過ごしています。変動と金利と消費効率の最大化が飯のタネ。主にトルコリラを両建てして波乗り中。システムトレード。あと子育て育休。ついでに注文住宅。加えて不動産投資と株。最後にハワイ。加えて仮想通貨とブロックチェーン。

【保存版】年利20% ループイフダンの始め方と誰でも同じだけ儲かる設定

ループイフダンは誰でも全く同じ成果がでます。

 

買って売ってを自動で繰り返すシステムです。

例えばドル円だと1000ドルづつ買って売ってを繰り返します。1円値幅で売り買いすると、

1円✖️1000ドル分で1000円儲かります。これを永遠に繰り返すのです。

 

初心者こそ自動売買

初心者の方こそやったほうがいいシステムです。何故なら私とも、誰とも同じ結果になるからです。これで年利10-30%は安定的に成果がでますね。

 

FX自動売買システムはFXを自動で買って、売ってくれるシステムです。自動売買はイスラエルがすごい強くてたくさんのロジックがありますが、比較が大変。

 

わたしは超初心者の人におすすめなのは、誰がやってもおなじ明確な実績と、操作性だと思います。その点でループイフダンは群を抜いてますね。ほんとに簡単なので。

 

 

運用計画を立てられます。

ループイフダンは平均すると、毎年10-30%程度の利益が出ます。そのため、ざっくりとした10年後の稼ぎがわかってしまいます。これは株とは異なる大きな価値の一つだと思います。

 

ループイフダンの高リスク型なら3か月ほったからし運用で138,800円の利益

 

これはループイフダンB15(USD/JPY) という15銭 =0.15円幅で、買って売るシステムを1つ動かして出た結果です。全く同じロジックで動くので、誰がやっても同じになります。この15銭幅だと少しリスクが高く、私なら100万円ほど入金して置いておきます。

 

BはBUYのBです。Sもあって、SはSELLのSで、売って買うシステムです。また数字はB100なら100銭幅で買って売る形になります。私はB100をおすすめします。なぜなら、Bだと、スワップ、金利収入がプラスですが、Sだと支払い、マイナスになるためです。

 

リスクオフの時はSELLの方がめちゃ儲かりますが。

 

 

始めかた

①アイネット証券のループイフダン口座を開く
②30万円入金する
③ループイフダンのシステムを選択する
④ループイフダンB100 (USD/JPY)を選んでスタートを押す

以上がやることになります。

大体B100とかB80なら問題ないと思います。

 

 

メリットは年利30%程度儲かること

去年私が12月から始めて130万円入金して、27.2万円儲かりました。ここまでで年利20.9%でした。8ヶ月だけなので、同じペースで12月までいくと40万円程度の利確になり、年利30%超えますね。


ループイフダンB100 (USD/JPY)を2つ
ループイフダンB80 (AUD/JPY)を2つ


途中で入れ替えはありますが、大体一つのシステムで30-40万入れておけば20円程度の下落までは問題なく稼げます。

 

デメリットはやり過ぎると必ず損します。

もうこれにつきます。単純です。

特に細かい値動きのシステムをやることはやめた方がいいです。

 

例えば、

 

ループイフダンB15 (USD/JPY)なら20円の下落まで耐えるなら200万円入金が必要です。

 

ループイフダンB100 (USD/JPY)なら20円の下落まで耐えるなら30万円入金が必要です。

 

年利は5%から、10%は違いますが、間違いなくリスクリターン比で考えるとB100の方がいいです。

 

リスクをもっと減らしたければ、B100で、50万円入金すれば、25円下落まで、65万円入金すれば30円下落まで耐えられます。今ドル円108なので、78円まで耐えられます。

 

ドル円の最安値は75円程度なので、65万円入金すれば、最安値まで耐えられます。

 

いつ始めるべきか?

今すぐです。理由は下落まで考えて始めるためです。先に下落まで考えて始めて、80歳になり頭が動かなくなるまで動かし続けることが前提だと思っています。

 

なので、短期的な大幅なダウンはそれほど気にする必要はありません。資金管理のみおこなってください。最安値までの入金なら完璧ですが、日々利益が積み上がります。そのため、20円程度の下落まで耐えるくらいで考えておけばいいと思います。

 

ただ、北朝鮮リスクがありますので、もう少し耐えられる方がいいかもしれませんね。

 

これで年利20%程度の金融商品の完成です。