SSSの世界観 FX、株、不動産、消費の仕方

大変運が良いため人生楽しく過ごしています。変動と金利と消費効率の最大化が飯のタネ。主にトルコリラを両建てして波乗り中。システムトレード。あと子育て育休。ついでに注文住宅。加えて不動産投資と株。最後にハワイ。加えて仮想通貨とブロックチェーン。

今日のドルリラ円 (9/5)

更新したところのみ太字にしてます。

本日はリラ円が31.9ほど。
ドル円が109.7ほど。
ドルリラが3.42ほど。
昨日に比べて、リラ>ドル>円ですね。

ドル円が北朝鮮有事の影響で下落しています。まだ、パニックとは程遠い下落幅です。短期的に衝突が起き、リスクオフが来ると、円高に一気に振れるとおもいます。

 

来たる円高、リスクオフへの対応で証拠金増額の資金管理と、リラ円の利確によるレバレッジ低下を実施しました。始まったら一気に動きがあると思います。

 

ただ、戦争は織り込まれるのも早いので、その後円高が続くかは懐疑的です。

 

長期では140円程度までは上がると思っています。円高に押した際には果敢に買いに向かいます。

ドルリラはヘッドアンドショルダーの形になっていました。予想的中し、3.42まで落ちてきました。3.6程度の所から1800pis取れています。
4の時と比べると5800pis取れました。まだまだ、下目線です。短期的には有事のドル買い、リスクオフのドルリラ上昇かもしれません。見極めます。

 

リラ円予想は当たったものの、あとの北朝鮮の動きで打ち消されました。ただ、まだ想定内ではあります。中長期で37.8円までいくことは変更ないですが、途中リスクオフの振るい落としが何度か入るとおもいます。

 

今回のリスクオフの大きさはかなり大きいと読みました。この読みは当たらないほうが安全で、良いことです。ただし、万が一にもというか、核の可能性を否定はできません。


値動きが激しくなります。ドル円部分はループイフダンを活用しましょう。ただ、スプレットの大幅な増加には耐えられるようにしました。

パニック相場が来そうですが、パニックの際は自分だけはパニックにならず、淡々と機械的に相場に向かい、機を活かし、ボラティリティが上がるのを活かし、より儲ける方法を探しましょう。そのために先にパニックのイメージを持ち、証拠金増額とレバレッジ低下の手を打っておきました。

 

明日はどうなるか。

 

〇ブレイクに対してついていく方法は下記、田畑さんの本が参考になります。

書籍:


電子書籍:

************************************
この情報は個人の主観を含みます。
投資判断は自己責任でお願いします。